English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 中国: 中国:ウイグル活動家の親族 続く「教育」拘禁

中国:
中国:ウイグル活動家の親族 続く「教育」拘禁

最新情報:
2019年7月19日 (更新情報)
更新履歴:
2017年11月29日
国名:
中国
対象者:
ウイグル人活動家の親族約30人(男女)
期限:
2019年8月26日
配信日:
2019年7月19日
UA No:
251/2017

中国におけるウイグル人の人権擁護を訴える米国在住のラビア・カーディルさんの親族約30人が、新彊ウイグル自治区の再教育施設に2年近く拘禁されている。

ラビア・カーディルさんは、実業家として国家と各界代表からなる中国共産党人民政治協商会議に参加していた1999年に逮捕され、「国家機密窃盗罪」で8年の刑を宣告された。その後、米国に逃れ、在外ウイグル人組織の世界ウイグル会議の議長として、ウイグル人の人権を擁護してきた。

中国にとっては政策への批判であり、その報復として、ラビアさんの姉妹、兄弟、息子、孫、親族を拘束してきたと言われている。

施設に拘禁されるのは一般的には、イスラム教を礼拝したり、宗教の本を所持したり、また、海外渡航の経験者や家族在住者の家族だったりする。

拘禁施設は、過激思想撲滅施設、政治学習施設などとも呼ばれ、中国の法律や政治を強制的に学習させられる。施設内で、拷問などの虐待を受けるおそれがある。

息子のアブリキム・アブドレイムさんは以前も拘束されたことがあったが、その時も、母親の人権活動に対する報復と見られていた。

アクションしてください。

英語または中国語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)またはファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • 国際的に認められる公正な裁判が保障され、国際的に十分に信頼できる証拠がない限り、カーディルさんの親戚を直ちに無条件で釈放する。
  • 親族が、いつでも無制限に弁護士と面会でき、拷問や虐待を受けないようにする。

要請例文

President of the People’s Republic of China, Xi Jinping
Zhongnanhai
Xichangan’jie
Xichengqu, Beijing Shi 100017
People’s Republic of China
Fax: +86 10 6238 1025
Email: english@mail.gov.cn

Dear President Xi,

It remains a grave concern that, since 2017, up to 30 relatives of Uyghur human rights defender and former prisoner of conscience, Rebiya Kadeer, are still believed to be arbitrarily detained in the Xinjiang Uyghur Autonomous Region (Xinjiang).

Rebiya Kadeer’s son, Ablikim Abdiriyim, is one of those thought to be detained. A former prisoner of conscience, he previously served 12 years in prison where he was repeatedly tortured. It is believed he was sentenced in retaliation to his mother’s human rights advocacy. Among the other family members who are believed to be detained are Kahar Abdiriyim, Kadeer's eldest son; Ayugul, Kahar's wife; Aydidar, Kahar's daughter; Zulpikar, Kahar's son; Dildar, Kahar's daughter; Alim Abdiriyim, Kadeer's youngest son; Xelchem, Kadeer's sister; Atikem and her son-in-law; Imam, Xelchem's son; Ahmetjan, Kadeer's brother; Gheni, Kadeer's brother.

Formerly a member of the Chinese People's Political Consultative Conference, Rebiya Kadeer was detained in 1999, and sentenced to eight years in prison for “stealing state secrets”. Rebiya Kadeer is one of the best-known Uyghur human rights advocates and is a leader at the World Uyghur Congress.

All the family members are presumed to be currently held at one of the many detention facilities that were established across the Xinjiang Uyghur Autonomous Region (Xinjiang). Referred to as “counter extremism centres”, “political study centres”, or “transformation-through-education centres”, these facilities are known to arbitrarily detain Uyghurs and other Muslim minorities for indefinite periods. Forced to study Chinese laws and policies, many of those detained are targeted because they may have been found praying, owning religious books, have travelled abroad, or have family members living abroad.

Therefore, we call on you to:

  • Release Rebiya Kadeer’s family members unconditionally and immediately unless there is sufficient credible and admissible evidence that they have committed an internationally recognized offence and are granted a fair trial in line with international standards;
  • Ensure that members of Rebiya Kadeer’s family have regular, unrestricted access to family and lawyers of their choice, and are not subjected to torture and other ill-treatment.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ