English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ロシア連邦: ロシア:メモリアルの事務所長の即時釈放を

ロシア連邦:
ロシア:メモリアルの事務所長の即時釈放を

最新情報:
2019年3月 6日 (更新情報)
更新履歴:
2018年12月13日
国名:
ロシア連邦
対象者:
オユ・ティティエフ(男性)
期限:
2019年3月11日
配信日:
2019年3月 6日
UA No:
005/2018

著名な人権活動家で、NGOメモリアルのグロズニィ事務所長のオユ・ティティエフさんに対する裁判の最終審理が、3月11日に始まる。ねつ造された薬物所持で有罪となれば、最高10年の刑を言い渡される。ただ人権を平和的に行使しただけで罪を問われているのであり、ただちに無条件で釈放されるべきだ。

オユ・ティティエフさんは、ねつ造された薬物所持の罪で昨年1月9日に恣意的に逮捕され、それ以来、勾留されてきた。審理は昨年7月に始まった。そして、今後数週間で結審するといわれている。

裁判には、不正がまかり通り、被告の公正な裁判を受ける権利は、逮捕以来、侵害され続けてきたといえる。審理中、検察当局の主張は、矛盾やごまかしが目立ち、議論に耐えられるものではなかった。検察側の証人(そのほとんどが警官)は、ティティエフさんの逮捕に至った状況について「忘れた」などとして、明確な状況説明ができず、写真などで裏付けのある事実も否定した。同時に検察当局は、弁護側からの、明らかに合法的な要求(例えば資料の科学捜査や証拠資料の承認)をあくまでも拒否し、判事は、一貫して検察当局の見解を支持してきた。これらの姿勢は、弁護団が、当局のねつ造が明らかな証拠を提出しようとした時も、認められなかったことにもあらわれた。

ティティエフさんは、人権活動を行っただけで罪を問われようとしている。これは、彼の口を封じ、人権団体の活動を妨げるためであることは明らかだ。

ティティエフさんの事件の審理が今年1月14日に再開して以来、多数の審理が行われ、その間弁護側は、証拠がねつ造であることを立証するために、裁判所に何度も申し立てをしたが、すべて却下された。

その一つは、薬物入りのカバンがティティエフさんの車で見つかったとする、でたらめの証拠に関する申し立てだった。弁護団は、そのカバンは、証拠の取り扱い基準に反する取り扱いがされたと主張した。起訴状によると、薬物が当初入っていた袋とは異なる袋に入れられて検査官に送られた。ということは、開封されてはならない袋が開けられたことを意味する。

アクションしてください。

英語で以下の当局への以下の要請文をファックスまたはツイッターのいずれかで、直ちにお送りください。
ツイッターの場合は、最後の文“I urge you..”のみをご利用ください。

要請文

Prosecutor General of the Russian Federation
Yuriy Yakovlevich Chaika
Russian Federation
Fax: +7495 987 58 41/ +7495 692 17 25
Twitter: @Genproc

Dear Prosecutor General,

I am writing to you to express my concern with the ongoing trial against Oyub Titiev, a prominent Chechen human rights defender and the head of the Grozny office of the Russian NGO Memorial.

Oyub Titiev was arbitrarily arrested on 9 January 2018 on fabricated drug-related charges and has since remained in detention. The hearing of his case started in Shali City Court on 19 July 2018 and is expected to conclude in the coming weeks. The trial has been marred by numerous irregularities and Oyub Titiev’s right to fair trial might have been repeatedly violated ever since his arrest by police. During the court hearings, it became apparent that the prosecution’s case does not stand up to basic scrutiny. Thus, prosecution witnesses – almost all of them members of the Chechen police – continuously “forgot” the circumstances of Oyub Titiev’s detention, could not provide a coherent account of the events on that day or denied some obvious facts, including those that are supported by photographic evidence. At the same time, the prosecution kept insisting that perfectly legitimate requests by the defence (for instance, forensic examination of materials or admission of documents) be rejected, and the judge consistently upheld the prosecution’s position. This strategy was particularly apparent during the last few hearings when the defence team attempted to present evidence that would strongly indicate that charges against Oyub Titiev had been fabricated.

Oyub Titiev faces up to 10 years in prison if convicted. Oyub Titiev is a prisoner of conscience, detained solely for his peaceful human rights work, to silence him and obstruct his organisation’s human rights work.

I urge you to use your authority to ensure that fabricated charges against Oyub Titiev are dropped and he is released immediately and unconditionally.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ