English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. フィリピン: フィリピン:政権批判で続くメディア逮捕

フィリピン:
フィリピン:政権批判で続くメディア逮捕

最新情報:
2019年4月11日
国名:
フィリピン
対象者:
マリア・レッサ(女性)
期限:
2019年7月13日
配信日:
2019年4月11日
UA No:
020/2019

人権擁護家でネットメディア「ラップラー」の最高経営責任者(CEO)のマリア・レッサさんが3月29日、再逮捕された。容疑は、特定の営業権や特別な権利などの国有化に関する法律を回避するために名前や国籍を貸与する者を罰する架空名義禁止法違反だった。レッサさんは、保釈金9万フィリピンペソ(約17万円)を払い、数時間後に釈放された。

1カ月半前にもインターネットでの名誉棄損の容疑で逮捕されている。ラップラーがドゥテルテ政権に批判的であることが、これらの逮捕の背景にある。反政権派に対する弾圧の一環と見られる。

警察や自警団は、薬物関係の取締りの中で、法に基づかない処刑を数千件、行った。ラップラーは、処刑事件を記事にすることで政権の対応を批判してきた。昨年12月には、レッサさんとラップラー社が脱税容疑で起訴された。アムネスティは、この脱税容疑もでっち上げとみている。

ラップラーは、麻薬撲滅対策の名のもとに何千人もの貧困層の人たちが非合法的に殺されている事件を明るみにしてきた。この対応が、政権の怒りをかった。レッサさんだけでなく、同社幹部5人も起訴されている。

レッサさんは、フィリピン証券取引委員会がラップラーに営業停止措置を検討して以来、昨年1月から立て続けに不当な容疑で起訴され、現在7件の起訴で裁判にかけられている。同社の社員も計11件の訴訟を抱えている。

ドゥテルテ大統領は一昨年の年次教書演説の中で、ラップラーは外国人が所有する会社だと話していた。憲法違反であることをほのめかすこの発言をその後も繰り返した。証券取引委員会は昨年1月、外資法違反があったとして同社の証券取引登録を一時、取り消した。翌月、政権スポークスマンによると、大統領は警備員にレッサさんと記者を大統領宮殿に入れないよう命じたという。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)、メール、ファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • レッサさんとラップラーに対する恣意的な容疑を取り消す。
  • メディアや記者、政権批判派に対する圧力行為をやめ表現の自由を保障する。

要請例文

Menardo I. Guevarra
Secretary, Department of Justice
DOJ Building, Padre Faura Street, Ermita, Manila
1000 Philippines
(+632) 523 8482 to 98
Email: communications@doj.gov.ph

Dear Secretary Guevarra:

I am writing to express my dismay at the arrest, yet again, of Maria Ressa, executive editor of news outlet Rappler, over alleged violations of the Philippine’s Anti-Dummy Law. This comes only about a month and a half after her previous arrest on politically-motivated cyber-libel charges. Both of these prosecutions seem to be part of a continuing and broader campaign to silence critics of the Philippine government.

Rappler has been a consistent critic of President Rodrigo Duterte and his administration, publishing detailed investigations into some of the thousands of extrajudicial executions committed by police and armed vigilantes during drug-related operations. The arrest of Maria Ressa on 29 March 2019, for the alleged violation of the country’s Anti-Dummy Law, is the latest attack against her and Rappler. It comes close on the heels of her previous arrest on 13 February 2019, on what appear to be politically-motivated charges of cyber-libel. Tax evasion charges were also brought in December 2018 against Maria Ressa and her company, Rappler Holdings Corp. – charges that are still pending in court. Amnesty International believes these, too, are trumped-up charges that were designed to stifle criticism of the President and his ‘war on drugs.’

Rappler has consistently drawn attention to the deadly reality of the ‘war on drugs,’ and the thousands of unlawful killings of poor and marginalized people perpetrated in its name. Its persistence in documenting these abuses has attracted the wrath of the Philippine authorities. I urge your office to act swiftly to uphold and protect the freedom of the press. Specifically, I urge you to:

  • Drop the charges against Maria Ressa and Rappler, which appear to be solely motivated by political interests;
  • End the harassment of the media, journalists, and critics of the Duterte administration, and take measures to guarantee their right to freedom of expression and assembly.

Thank you for your kind attention.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ