English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ケニア: ケニヤ:2000人以上の住民が強制立ち退きの危機に

ケニア:
ケニヤ:2000人以上の住民が強制立ち退きの危機に

最新情報:
2019年2月13日
国名:
ケニア
対象者:
ディープ・シー住民(男女)
期限:
2019年3月20日
配信日:
2019年2月13日
UA No:
141/2018

ナイロビのディープ・シー居住区が、再び、すぐにでも強制立ち退きを受けるおそれが出てきた。ウエストランズ・サブカウンティ(「サブカウンティ」は、県に近い行政区画)の担当者が2月1日、同居住区の住民に対し、4日以内に退去するよう命じた。従わなければ、「強制退去になる」と迫った。立ち退きは、道路建設のためだ。

立ち退きの対象となる住民は、2000人を超える。2015年以来、ディープ・シー居住区の住民は、都市道路公社との間で再定住に関する交渉に関わってきた。住民は、道路建設そのものに反対しているわけではない。同公社に対して求めるのは、適切な住居を得る権利の尊重だ。その権利の尊重を何度も訴えてきた。また、住民は、国際人権基準に則った立ち退きを訴えている。立ち退くまでの十分な時間の確保、対象住民との真摯な話し合い、全住民の代替住宅の確保などだ。

道路公社は、以前、転居先の土地の購入で住民と合意し、住民は、9カ所の土地を選んだ。しかし、道路公社側の対応の遅延による不手際で、その土地を購入することができない事態に陥った。

担当者らが立ち退きを迫る背景には、住民との話し合いや売買交渉などに真摯に取り組む意思がないことがある、と住民は考えている。

ディープ・シーの住民は2009年以降、何度も強制立ち退きを受けかねない状況に置かれてきた。2カ月前には、交渉に携わっていた住民代表が、ナイロビ州の役人から殺害を予告するような脅迫を受けたという。「立ち退かなければ、アムネスティが住居ではなく遺体で騒ぐことになる」と言われた。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)、メール、ファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • ディープ・シー居住区住民から1人も強制退去者やホームレスを出さない。
  • 移り住む土地の取得交渉が継続できるようにする。
  • 退去は、国内外の法律に則って行う。


要請例文

Cabinet Secretary
Hon Fred Matiangi
Ministry of interior & coordination of national security
P.O Box 30510- 00100
Nairobi
Email: ps.interior@kenya.go.ke
Twitter: @CSMatiangi and @FredMatiangi
Salutation: Honourable Minister

Dear Honorouble Minister,

More than two thousand residents of Deep Sea informal settlement in Westlands, Nairobi are at risk of imminent forced evictions. The residents told Amnesty International that on 1 February, the Deputy County Commissioner (DCC) of Westlands Subcounty together with officers from other stations, eight of whom were armed, visited the informal settlement. The DCC informed the residents that they had four days to vacate the area designated for a European Union (EU) funded road construction project, or the government would take the land by force.

Since 2015, the residents have been engaged in resettlement negotiations with the Kenya Urban Roads Authority (KURA). The residents have reiterated that they are not opposed to the construction of the road, but they would like KURA to respect their right to adequate housing. They have also called for the eviction process to be in line with international human rights standards on evictions including; adequate notice of evictions, a process of genuine consultation with all those affected, and steps taken to ensure that no one is rendered homeless as a result of the eviction. Although KURA previously agreed to purchase land for resettlement and the community identified nine different pieces of land, delays on KURA’s part resulted in the land no longer being available for purchase. This latest threat of evictions is seen by Deep Sea residents as KURA’s lack of commitment to genuine consultation and the on-going negotiations.

The Deep Sea community has faced forced evictions and multiple threats of forced evictions since 2009. Only two months ago, the community representatives leading the negotiations alleged receiving death threats from a Nairobi county official. They were told if they did not pull out of the of the negotiations and vacate the road reserve, “Amnesty would collect bodies in Deep Sea and make noise over bodies instead of houses”.

In light of the above, I call on you to:

  • Ensure that no forced evictions occur in Deep Sea and the residents are not rendered homeless;
  • Ensure that residents of Deep Sea are allowed to continue with the ongoing resettlement negotiations without fear of threats or intimidation;
  • Ensure that all evictions comply with Kenya’s national and international human rights obligations.

 

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ