English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. インドネシア: インドネシア:発電所反対で投獄なのか

インドネシア:
インドネシア:発電所反対で投獄なのか

最新情報:
2018年10月 3日
国名:
インドネシア
対象者:
サウィンとスクマ(男性)
期限:
2018年11月 8日
配信日:
2018年10月 3日
UA No:
173/2018

西ジャワ州インドラマユ県で農業を営むサウィンさんとスクマさんは9月下旬、国旗を逆さまに掲揚したのは、国家への侮辱だとして逮捕され、現在、勾留されている。2人とも容疑を否認している。

同県で計画されていた石炭火力発電所の建設に関し、県知事は2015年5月、環境面で問題はないとして、建設許可を出した。昨年7月、発電所建設に反対するサウィンさんやスクマさんら農民は、県の許可は環境法違反で無効だとして裁判所に提訴した。裁判所は同年12月、県の許可を無効とする決定を下した。

この決定に喜んだサウィンさんら農民が、農地に国旗を数本掲げた。その翌日、1本の国旗が上下反対だと指摘を受けたサウィンさんが現地で確認すると、逆さまの旗はなく、数本の旗がなくなっていることがわかった。

この9月になって、2人は逮捕された。容疑は、国旗、国語、国章、国歌に関する法律に違反したということだった。現在、検察局で勾留され、10月の裁判を待っている。有罪なら、最高5年の実刑か罰金刑を受ける。

サウィンさんとスクマさんは、市民として当然の権利を行使しただけで勾留されている「良心の囚人」であり、即時かつ無条件に釈放されるべきだ。

アクションしてください。

英語またはインドネシア語で当局への以下の要請趣旨を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • 自分たちの権利を平和的に行使しただけで拘束されているサウィンさんとスクマさんを、即時かつ無条件に釈放すること。
  • 拘束中は、拷問や虐待を受けないような措置をとり、家族や弁護士と定期的に会えるようにすること。
  • 環境活動家、ジャーナリスト、学者、野党議員、人権擁護活動家などが、処罰、報復、脅迫をおそれることなく、その権利を行使できるようにすること

宛先
Head of West Java Regional Police 地元警察署長
lrjen Pol Agung Budi Maryoto
West Java Regional Police Headquarter
Jl. Soekarno-Hatta 748 Bandung City
West Java Province, Indonesia 40292
Twitter:@bidhumaspldjbr
Fax: +62 (0)22 7813131
Email:spripimbandung@gmail.com
書き出し: Dear General

Chief of the Presidential Staff Office 大統領首席補佐官
General (Retired) Moeldoko
Bina Graha Building
Jl. Veteran No. 16, Jakarta Pusat
Indonesia 10110
Twitter:@KSPgoid
Fax: +62 (0)21 345 0009
Email:webmaster@ksp.go.id
書き出し: Dear General

コピー宛先
インドネシア共和国大使館
〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目2-9
特命全権大使:アリフィン・タスリフ 閣下
His Excellency Mr. Arifin TASRIF

要請例文

Head of West Java Regional Police
lrjen Pol Agung Budi Maryoto
West Java Regional Police Headquarter
Jl. Soekarno-Hatta 748 Bandung City
West Java Province, Indonesia 40292
↑ここに宛先を記入

Dear General;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on two farm workers, Sawin and Sukma, who were arrested and detained by the police on 24 September 2018 for “insulting the national flag”, which they deny doing. Both men have been protesting the development of a coal power plant near their farmland in West Java Province. Sawin and Sukma are prisoners of conscience detained solely for exercising their human rights.

Please immediately and unconditionally release Sawin and Sukma as they have been detained solely for peacefully exercising their human rights. While being detained, they should be protected from torture and other ill-treatment while in detention, and have regular access to their families, and lawyers of their choice and also ensure that environmental activists, journalists, academics, members of political opposition, human rights defenders and others can peacefully exercise their human rights without fear of punishment, reprisal or intimidation.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ