English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. コロンビア: コロンビア:脅迫される先住民族

コロンビア:
コロンビア:脅迫される先住民族

最新情報:
2018年10月24日
国名:
コロンビア
対象者:
期限:
2018年11月23日
配信日:
2018年10月24日
UA No:
182/2018

コロンビア先住民全国組織(ONIC)によると、コロンビア北部ラ・グアヒーラ県ウリビアで、町の路上や線路上で、先住民の人権を擁護する組織を脅迫するチラシが見つかった。

脅迫文は、ラ・グアヒーラにある先住民ワユー族(Wayuu)の各団体の代表者に宛てたものだった。脅迫の対象には、ONICのほか、ワユー・ネーション、ワユー・アラウラユ、ワユー女性力観測所の4団体。ONICは声明で、地元で知られた武装グループを持つ民兵組織アグラス・ネグラス(スペイン語で「黒鷲」)が、脅迫文の送り主だと非難した。脅迫文には、「人権擁護団体が、国の発展を阻害している」として、「人権団体を攻撃する」とあった。

この脅迫の数日後には、憲法裁判所と法務省との間で追加の公聴会が予定されていた。公聴会は、先住民ワユー族に対する組織的な人権侵害を裏付ける昨年の「裁定T-302」を政府がどう遵守してきたか、その評価をすることが目的だった。

アクションしてください。

英語またはスペイン語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • 先住民人権団体に対する脅迫を、迅速、完全、公正に捜査し、責任者を裁くこと。
  • 過去の対応に対する協議内容を念頭に、先住民団体に対する総合的な保護対策計画を全面的かつ直ちに実施すること。
  • 先住民ワユー族の人権保護に取り組む上で、人権擁護活動をする人たちが狙われる問題を構造的に克服する対策を施すこと。

宛先
Attorney General 法務長官
Nestor Humberto Martinez
Fiscal General de la República
Diagonal 22B No. 52-01
Bogotá, D.C., Colombia
Email:contacto@fiscalia.gov.co,denuncie@fiscalia.gov.co,despacho.fiscal@fiscalia.gov.co
書き出し: Dear Attorney General

Ministry of Interior 内務大臣
Nancy Patricia Gutiérrez
Ministry of Interior
Calle 12 B No. 8 – 46
Bogotá D.C, Colombia
E-mail:servicioalciudadano@mininterior.gov.co
書き出し:Dear Minister

コピー宛先
コロンビア共和国大使館
〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目10-53
特命全権大使:ガブリエル・ドゥケ 閣下
H.E. Mr. Gabriel DUQUE

要請例文

Nestor Humberto Martinez
Attorney General
Fiscal General de la República
Diagonal 22B No. 52-01
Bogotá, D.C., Colombia
↑ここに宛先を記入

Dear Attorney General;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on threatening against indigenous organizations that defend human rights as the National Indigenous Organization of Colombia (ONIC) reported that several threatening pamphlets against indigenous organizations defending human rights were found on the streets and railroad tracks of the municipality of Uribia in the department of La Guajira, north of Colombia.

The threatening pamphlets were directed against representatives of the following indigenous organizations of La Guajira: Wayuu Nation (Wayúu Nación), Wayúu Araurayu, Wayuu Women's Force Observatory (Observatorio Fuerza de Mujeres Wayúu) and ONIC. In its public statement, ONIC accused the paramilitary group Black Eagles (Águilas Negras in Spanish), of which the local armed group in the region is known as Bloque Capital, to have issued the pamphlets.

I would urge authorities to conduct a prompt, thorough and impartial investigation of the threats against these indigenous human rights organizations, and bring all those found responsible to justice.

I would also call on them to fully and immediately implement the collective Prevention and Protection Plan for this indigenous organizations, taking into account the previous consultation about the measures and demand them to take immediate steps to overcome the structural causes behind the threats and attacks faced by human rights defenders in the context of their work in defence of human rights guarantees for Wayuu Indigenous People in La Guajira.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ