English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. モザンビーク: モザンビーク:脅迫される記者や活動家

モザンビーク:
モザンビーク:脅迫される記者や活動家

最新情報:
2018年10月30日
国名:
モザンビーク
対象者:
活動家ら8人(男性)
期限:
2018年11月30日
配信日:
2018年10月30日
UA No:
186/2018

モザンビークのジャーナリストや市民活動家は、自分たちで選挙の監視や選挙速報の発信を始めた10月10日から、何者かから殺害を予告する電話や脅迫文を受けとった。

モザンビーク北部のナンプラ州の州都ナンプラとナカラ・ポルトであり、地方選挙が実施され、その投票日の10月10日から、脅迫が始まった。

脅迫内容は、「お前らの選挙監視は、現政権を打倒を目論む勢力への加担だ。注意しろよ。お前らが死ぬまでのカウントダウンが始まった」というものだった。両都市とも、与党が敗北したため、その敗北に加担したというのだ。

脅迫を受けている人たちは次の通り。

人権保護活動家で「モザンビーク連帯」代表のアントニオ・ローレンコ・ムツア、同団体の広報担当フリオ・ポーリノ、ジャーナリストのアーリンド・セサー・セベリアノ・キサル、新聞編集者のオニシオ・ダ・シルビア、ラジオ・エコントロのベンヴィンド・タプア神父、同カンティファス・デ・カストロ神父、ジャーナリスト2人(匿名希望)。

8人は、これまでも地方選挙に不正がないか監視し、選挙結果を公表してきた。

アクションしてください。

英語またはポルトガル語で、以下の当局への要請を盛り込んだ要請文を作成し、メール、ファックス、航空書簡(全世界90円)などで、できるだけ早く送ってください。文末に要請例文がありますので、それをご利用いただいても結構です。

  • ジャーナリストらへの脅迫行為を直ちにやめさせ、彼らの安全を保障する。
  • 実効性ある捜査で犯人を捕らえ、国際基準に即した公正な裁判にかける。
  • 誰もが報復を恐れることなく、仕事ができる社会を実現する。

宛先
Minister of Justice, Constitutional and Religious Affairs 法務大臣
Joaquim Veríssimo
Av. Julius Nyerere 33
Maputo, Mozambique
Fax: +258-21-494264
書き出し: Your Excellency

General Public Prosecutor 検察庁長官
Beatriz Buchili
Av. Vladimir Lenine, 121
Maputo, Mozambique
Fax: +258 82 3161 920
書き出し: Dear General Public Prosecutor

コピー宛先
モザンビーク共和国大使館
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1-33-14
特命全権大使:ジョゼ・マリア・ダ・シルヴァ・ヴィエイラ・デ・モライス 閣下
His Excellency Mr. José Maria da Silva Vieira de MORAIS

要請例文

Joaquim Veríssimo
Minister of Justice, Constitutional and Religious Affairs
Av. Julius Nyerere 33
Maputo, Mozambique
↑ここに宛先を記入

Your Excellency;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on eight journalists and civil society activists who have received anonymous death threats and intimidating phone calls and messages since 10 October, after their engagement in monitoring polling stations and publishing live municipal election results in Nacala-Porto and Nampula cities, Nampula province, in northern Mozambique.

They include Antônio Lourenço Mutoua a human rights defender and Executive Director of the organization Solidariedade Moçambique; Júlio Paulino, the Image and Communications Officer of Solidariedade Moçambique; Arlindo César Severiano Chissale, an independent journalist; Aunício da Silva, a newspaper editor; two journalists who prefer to stay anonymous due to security risks; priests Father Benvindo Tapua and Father Cantífulas de Castro, Director and Deputy Director of Radio Encontro respectively.

I am urging the authorities to take immediate measures to end the continuing death threats and intimidation against these journalists and civil society activists and ensure their safety and protection and that of their families, in consultation with them.

They should conduct thorough, impartial, independent and effective investigations into the death threats and intimidation against them and their families, and bring those suspected to be responsible to justice in trials which meet international standards of fairness.

I am calling on them to ensure a safe and enabling environment in which journalists, other media workers, activists and human rights defenders are able to carry out their work without fear of reprisals.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ