English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 中国: 中国:雨傘運動の4人に最高16カ月の禁錮

中国:
中国:雨傘運動の4人に最高16カ月の禁錮

最新情報:
2019年5月 7日 (更新情報)
更新履歴:
2019年4月18日 (更新情報)
2018年11月15日
国名:
中国
対象者:
雨傘運動リーダーら9人(一人のみ女性)
期限:
2019年7月 6日
配信日:
2019年5月 7日
UA No:
191/2018

香港の裁判所は4月24日、「公共の迷惑」罪で有罪判決を受けていた民主化運動のリーダー4人に対し、実刑8カ月から1年4カ月を言い渡した。4人は4月初旬、主導した平和的なデモをめぐり公共の迷惑罪など有罪判決を受けた。この裁判所の判断は、集会と表現の自由に対し、大きな脅威となる。

4人は、戴耀廷(Benny Tai Yiu-ting)さん、陳健民(Chan Kin-man)さん、黄浩銘(Raphael Wong Ho-ming)さん、邵家臻(Shiu Ka-chun)さん。2014年、香港の民主化を求めて「雨傘運動」を主導し、デモの最中に公の広場や公道を塞いだことが公共の迷惑罪にあたるとして、起訴されていた。彼らは単に、表現と集会の自由の権利を行使しただけだった。

4月初旬に公共の迷惑の共謀や扇動の罪など曖昧な罪で有罪判決を受けたのは9人で、その内の4人に今回、量刑が言い渡された。これらの罪がデモ参加者に適用されるのは、かつてないことだった。今回の有罪判決は、香港における表現と集会の自由の権利に深刻な影響を及ぼす。

共謀や扇動の証拠として、新聞記事、被告らが行った記者会見や報道機関からの取材、警察が撮ったデモの動画などが採用された。

この裁判は、定義が曖昧な共謀や扇動の容疑をデモ参加者に一律に適用して投獄する前例となり、極めて憂慮され、香港における集会と表現の自由が、一層委縮するおそれがある。

9人は、上告する意向を示している。

アクションしてください。

英語または中国語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)、ファックス、メールのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • 国の民主化を求める非暴力のデモで投獄される4人を即時無条件で有罪判決を取り消し、釈放する。

要請例文

The Hon. Carrie Lam
Chief Executive
Government of the Hong Kong SAR
Office of the Chief Executive
Tamar, Hong Kong
Fax: +852 2509 0580
Email: ceo@ceo.gov.hk

Dear Chief Executive:

On 24 April 2019, four leaders of the 2014 pro-democracy Umbrella Movement protests, Professor Benny Tai Yiu-ting, Professor Chan Kin-man, Raphael Wong Ho-ming and Shiu Ka-chun, were sentenced to eight to 16 months’ imprisonment, on conviction of “public nuisance” related charges for “obstructing public places and roads” during the protests.

The nine were convicted of vague and ambiguous charges, including “conspiracy to commit public nuisance”, “incitement to commit public nuisance” and “incitement to incite public nuisance”, solely for their peaceful exercise of the rights to freedom of expression and peaceful assembly. It is the first time the government used these charges against peaceful protestors. Prosecutors based the charges on common-law offences, which allows for harsher sentences compared to similar charges under statutory law. The conviction and sentencing for “incitement” and “incitement to incite public nuisance” have long-term negative impacts on the enjoyment of the human rights to freedom of expression and peaceful assembly in Hong Kong. In this case, evidence of “incitement” included newspaper articles directed to the public at large; press conference statements and media interviews that happened months before the protests; and videos taken by the police of protest leaders using loudspeakers to urge participants to invite others to join the protests.

The conviction and the imprisonment of the four sets a worrying precedent that these vague and ambiguous charges could be used for blanket prosecution and imprisonment of peaceful protesters, exacerbating the chilling effect on freedom of peaceful assembly and expression in Hong Kong. The nine indicated that they will appeal against the conviction.

We call on you Chief Executive to ensure the immediate and unconditional release of the four prisoners of conscience, imprisoned solely for peacefully advocating for democracy in Hong Kong, and that their convictions are overturned without delay.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ