English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. エジプト: エジプトで80歳の死刑確定

エジプト:
エジプトで80歳の死刑確定

最新情報:
2018年11月26日
国名:
エジプト
対象者:
シェイク・アブデル・レヒム・アブデル・ハリム・ガブレール(男性)
期限:
2018年12月24日
配信日:
2018年11月26日
UA No:
193/2018

エジプトの破棄院は9月24日、2011年以降で最大規模の集団裁判で、コーラン講師、シェイク・アブデル・レヒム・アブデル・ハリム・ガブレールさん(80才)の死刑判決を支持する判断を下した。

同国で最終的な司法判断を下す破棄院が、ガブレールさんを含む20人の死刑判決を支持した。20人は2013年、ギザ郊外ケルダサの警察署を襲撃し、警察官13人の殺害に関与したとして、逮捕された。

ガブレールさんは、逮捕後、弁護士不在で6カ月間も取り調べを受け、その後、裁判にかけられた。2015年に死刑判決を受け、今回、破棄院の判決で、死刑が確定した。

ガブレールさんは、いずれの政治団体にも所属しておらず、2013年の警察署襲撃にも関わっていない。裁判中、検察側の証人2人が、検察が提示したガブレールさんの供述書の証言内容を否定していた。さらに、弁護団による法医学検査で、乾癬を患っているため、長い距離を歩けないことがわかっていた。収監中、医者にかかることができず、ガブレールさんの体調は、心身ともに悪化している。また、全身にアレルギーの炎症を起こしている。にもかかわらず、刑務所当局は、家族が持参する薬の一部しか認めていない。

もっと読む

追加情報

ケルダサ虐殺事件では、関与したとされる被告156人全員が一斉に裁判にかけられ、第1審で死刑か長期の刑を言い渡された。しかし、この種の事件は、国際基準が求める公正な裁判にそぐわない。

2013年8月14日、エジプト治安部隊がカイロのラバ・エル・アダウィーヤ広場で抗議の座り込みをしていた人びとに発砲し、千人以上を殺害した。治安部隊の発砲に抗議する人たちがケルダサ警察署前に集まり、建物を破壊し、警察車両数台に放火した。デモ隊と治安部隊の衝突で警官13人が亡くなった。

アクションしてください。

英語またはアラビア語で以下の当局への要請要旨を盛り込んだ要請文を作成し、メール、ファックス、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • エジプト大統領に、シェイク・アブデル・レヒム・ガブレールさんの死刑の赦免を求める。
  • 死刑執行をすべて中止した上で減刑し、早急に死刑の廃止を視野に正式に執行停止をする。
  • シェイク・アブデル・レヒム・ガブレールさんが、医療倫理や守秘義務のもと、専門医による適切な治療と処方を定期的に受けられるようにする。

宛先
President 大統領
Abdel Fattah al-Sisi
Office of the President
Al Ittihadia Palace
Cairo, Arab Republic of Egypt
Fax: +202 2391 1441
Email: p.spokesman@op.gov.eg
Twitter: @AlsisiOfficial
書き出し: Your Excellency

Public Prosecutor  検事
Nabil Sadek
Office of the Public Prosecutor,
Dar al-Qada al-Ali, Down Town
Cairo, Arab Republic of Egypt
Fax: +202 2577 4716
書き出し: Dear Counsellor

コピーの宛先
駐日エジプト・アラブ共和国大使
エジプト・アラブ共和国大使館
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1丁目5-4
電話:03-3770-8022、03-3770-8023
特命全権大使:アイマン・アリ・カーメル 閣下
His Excellency Mr. Ayman Aly KAME

要請例文

Abdel Fattah al-Sisi
Office of the President
Al Ittihadia Palace
Cairo, Arab Republic of Egypt
↑ここに宛先を記入

Your Excellency;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my grave concern for Sheikh Abdel Rehim Abdel Halim Gabreel, an 80-old Quran tutor, whose death sentence has been upheld by the Court of Cassation on 24 September in relation to the 2013 attack on a police station in Kerdasa.

Sheikh Abdel Rehim Gabreel does not have any political affiliation and has not participated in the criminal acts at Kerdasa. He was investigated without a lawer, and two prosecution witnesses denied the testimonies written in the affidavits presented by the prosecution and that incriminated Sheikh Abdel Rehim Gabreel.
His overall physical and psychological health is deteriorating in prison, and even though he suffers from some serious health problems, he has no access to adequate health care and the prison authorities do not allow his family to provide him with all the medication he needs.

I urge you to immediately grant Sheikh Abdel Rehim Gabreel a presidential pardon to halt his execution.

I also urge you to halt any planned executions, to commute all existing death sentences and immediately establish an official moratorium on executions, with a view to abolishing the death penalty.

In addition, I call on you to ensure that Sheikh Abdel Rehim Gabreel has adequate and regular access to qualified health professionals providing health care, including access to prescribed medication, in compliance with medical ethics, including the principles of confidentiality.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ