English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. インドネシア: インドネシア:セクハラ被害者に正義を

インドネシア:
インドネシア:セクハラ被害者に正義を

最新情報:
2019年7月24日 (更新情報)
更新履歴:
2018年12月 9日
国名:
インドネシア
対象者:
バイク・ヌリル・マクナン(女性)
期限:
2019年8月24日
配信日:
2019年7月24日
UA No:
199/2018

インドネシアの最高裁判所は7月5日、セクハラの被害者バイク・ヌリル・マクナンさんの再審の申し立てを却下し、わいせつ物配布の有罪判決を支持した。判決では、実刑6カ月と罰金5億インドネシア・ルピア(約380万円)を言い渡されていた。残された手段は、ジョコ・ウィドド大統領の恩赦だけとなった。

バイク・ヌリル・マクナンさんは、高校教員だった5年前、校長から卑猥な会話やホテルへの誘いなどのセクハラを受けた。証拠を残すために校長との通話を録音したが、その録音データが、相談相手の弟を経てマクナンさんの同僚に渡り、校長のセクハラが発覚した。

その後、当局が問題にしたのは、校長のセクハラではなく、録音情報の流出だった。告発されたマクナンさんは、わいせつなコンテンツを配布したとして情報電子取引法違反に問われ、昨年9月の最高裁で、実刑と罰金が支持された。マクナンさんはさらに再審の申し立てをしたが、それも今回、退けられた。

インドネシアでは、大統領が恩赦を与えるには、事前の議会の審議が必要となる。大統領は7月15日、下院に審議を要請した。

ヤソナ・ラオリ法務人権大臣は、マクナンさんの支援を約束し、恩赦に資する法的論拠を提供するという。

マクナンさんは、昨年11月にセクハラの被害届を警察に出したが、捜査はいまだ始まっていない。

大臣は、「マクナンさんの支援を通して、申し立てに尻込みする他のセクハラ被害者の背中を押せればと思う」と力強く語った。

アクションしてください。

英語で以下のフィリピン下院議長への要請事項を盛り込んだ下の要請文をツイッター、メール、ファックス、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。ツイッターには、例文最後の一文"We urge you…"をご利用ください。

  • 大統領恩赦を支持し、マクナンさんの容疑を取り下げ、セクハラ被害の申し立てに公正な捜査を行うよう裁判所に勧告する。

要請例文

Speaker of House of Representatives
H. Bambang Soesatyo, SE. MBA
General Secretariat of House of Representatives (DPR RI)
Jl. Jenderal Gatot Subroto, Senayan, RT. 1/RW. 3, Gelora,
Central Jakarta, Indonesia 10270
Fax: (+6221) 5715349, 571 5373
Email: bag_humas@dpr.go.id
Twitter: @DPR_RI & @bambangsoesatyo

Dear Chairperson,

I am deeply concerned by the news that, on 5 July 2019, the Indonesian Supreme Court rejected the final case review submitted by Baiq Nuril Maknun and upheld its cassation decision to find her guilty of distributing pornographic content.

While Baiq Nuril Maknun lodged a formal report complaint to the police about the sexual abuse she suffered in mid-November 2018, no police investigation has been launched. In fact, instead of receiving the justice she deserves, she was convicted of distributing pornographic content and sentenced to six months in prison and a fine of IDR 500 million under Article 27 of the Electronic Information and Transaction Law.

We acknowledge that the Minister of Law and Human Rights, Yasonna Laoly, has pledged to support Baiq Nuril Maknun in seeking an amnesty and will provide the supporting legal arguments for the President’s consideration. Minister Yasonna has boldly said that, supporting Baiq Nuril Maknun’s case, would hopefully encourage other victims to report their own experiences.

We understand that President Joko Widodo sent an official letter on 15 July 2019 to the House of Representatives seeking parliamentary advice on an amnesty for Baiq Nuril Maknun.

We urge you, as Speaker of the House, to support the proposal and advise that all charges against Baiq Nuril Maknun are dropped and that any allegations of sexual abuse are immediately and independently investigated.

Kind regards,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ