English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 中国: 中国:自白強要で死刑のおそれ

中国:
中国:自白強要で死刑のおそれ

最新情報:
2018年12月13日
国名:
中国
対象者:
呉宗羲(男性)
期限:
2019年1月21日
配信日:
2018年12月13日
UA No:
208/2018

違法薬物売買の罪で死刑判決を受けた呉宗羲(Wu Zongxi)さんに、死刑を執行するか否か、現在、最高人民法院で審理中だ。もし執行が承認されると、呉さんは、いつ執行されてもおかしくない状況に置かれる。家族は、当人の心身の状態が気が気でならない。4年前に逮捕されて以来、一度も面会できないからだ。

香港の市民権を持ち深圳在住の呉さんは、2014年に覚せい剤売買の容疑で逮捕され、翌年、深圳中級人民法院で、死刑判決を受けた。死刑判決は、広東省高級人民法院で維持され、現在、最高人民法院で審理中だ。最高人民法院がこの判決を支持すれば、中級人民法院にその旨と死刑執行命令が通達される。通達を受けた中級人民法院は、7日以内に死刑執行の段取りを決める。

家族によると、これまで面会を認められなかったのは、「控訴のおそれがあるから」と当局に言われたという。 その結果、逮捕から現在まで、家族は、本人が身体的、精神的にどんな状況にあるか知る由もなかった。月に1通の手紙を送ることだけは、認められたが、本人が受け取っているかはわかない。

家族が得た情報によると、呉さんは警察から、「容疑を認めないと、家族を訴えるぞ」と言われたという。弁護士は、呉さんが自白を強要されたことを示す証拠を提出したが、中級と高級いずれの人民法院も、その証拠が減刑にあたいするとはみなさなかった。

国際法は、自分に不利益な供述をしない被疑者の権利を認め、当局には、供述の強要を禁じている。拷問や虐待で得られたいかなる証言も、有罪の証拠にはならない。

アクションしてください。

英語または中国語または日本語で当局へ以下の要請趣旨を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • 呉さんの死刑執行を中止すること。
  • 呉さんが、弁護士にいつでも面会でき、拷問や虐待を受けることがないようにすること。
  • 国連決議に沿って、死刑廃止を視野に入れ、すべての死刑執行を停止し、現在いる死刑囚の死刑判決を減軽すること。

宛先
Chief Justice 裁判長
Zhou Qiang
Supreme People’s Court
No. 27 Dong Jiao Min Xiang
Beijing Shi, 100745
People’s Republic of China
Email: yzxx@court.gov.cn
書き出し: Dear Chief Justice

Director 刑務所長
Shenzhen Municipal No.1 Detention Centre
Shangmeilin Gong’anjie Futianqu,
Shenzhen Shi Guangdong Sheng
518049 People’s Republic of China
書き出し: Dear Director

コピー宛先
中華人民共和国大使館
〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目4-33
特命全権大使:程 永華 閣下
His Excellency Mr. CHENG Yonghua

要請例文

Zhou Qiang
Chief Justice
Supreme People’s Court
No. 27 Dong Jiao Min Xiang
Beijing Shi, 100745
People’s Republic of China
↑ここに宛先を記入

Dear Chief Justice;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on Hong Kong citizen Wu Zongxi who is currently under review by the Supreme People’s Court for his death penalty sentence. If approved, the authorities will sign an order to carry out his execution, placing him in imminent risk. According to his family, the police told Wu Zongxi that they would sue his family if he did not confess to the offence. While his lawyer reportedly submitted evidence that Wu Zongxi was coerced to “confess”, it was not considered a mitigating factor. But International law guarantees the right of defendants not to be compelled to testify against themselves or to confess guilt. Statements elicited as a result of torture, ill-treatment or other forms of coercion must be excluded as evidence in criminal proceedings.

Therefore I should call for halting plans to carry out Wu Zongxi’s execution; for ensuring that Wu Zongxi has regular, unrestricted access to family and lawyers of his choice, and is not subjected to torture or other ill-treatment; and establishing a moratorium on all executions with a view to abolishing the death penalty, in line with six UN General Assembly resolution adopted since 2007 and commute all existing death sentences.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ