English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. インド: インド:Facebookで行政拘禁

インド:
インド:Facebookで行政拘禁

最新情報:
2019年1月24日
国名:
インド
対象者:
キショチャンドラ・ワングヘム(男性)
期限:
2019年2月26日
配信日:
2019年1月24日
UA No:
003/2019

インド・マニプール在住のジャーナリスト、キショチャンドラ・ワングヘムさんは、政府を批判する記事をFacebookに投稿したかどで、昨年8月と11月の2回、逮捕され、それぞれ保釈された。さらに11月には、国家治安法違反の容疑で逮捕された。この法律は、容疑者に非常に厳しい内容で、起訴なく12カ月間の拘禁を認めているが、これは刑事司法の保護措置に違反する。高等裁判所は、2月1日に、被告の異議申し立てを聞くことになっている。

当局は、被告の釈放は違法な活動の再開になるため、認められないと主張している。

昨年8月の逮捕は、Facebookでの政府批判が、国家への憎悪と中傷を喧伝した容疑だった。数日後、「容疑は重大でも悪質でもなく、また被告の体調の問題もある」として、保釈された。

11月19日にはマニプール州首相とインド首相を批判する動画を投稿したが、翌日、扇動罪で逮捕された。数日後、単に自分の意見を表明したに過ぎず、扇動罪には当たらないとして、保釈された。しかし、その翌日、国家治安法違反の容疑で再び逮捕された。

命令を取り消す申し立ては却下され、当局は、12月14日から12カ月間の行政拘禁を命じた。行政拘禁令では、極めて曖昧な「国の治安」や「国の安全」を侵害したという容疑で、最大12カ月、裁判もなく、ただ勾留される。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)、メール、ファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成しても結構です。

  • 即時、無条件での行政拘禁を解き、公正な裁判を保障する。勾留中は、暴力的扱いを一切排除する。
  • 行政拘禁制度を廃止し、記者や人権活動する人たちへの中傷や扇動の容疑を適用しない。

要請例文

Chief Minister of Manipur N Biren Singh
Manipur CM Office,
4th Block, Western Block, New Secretariat
Imphal, Manipur, India - 795001
Fax: +9103852451398
Email: cmmani@man.nic.in

Dear Chief Minister,

Kishorchandra Wangkhem, a journalist based in Manipur, has been held in administrative detention since 27 November 2018 under the National Security Act (NSA). The detention order against him references his Facebook posts criticising the government and declares that if he were released he would continue to act in a manner “prejudicial to the security of the state and maintenance of public order”.

This is not the first time Kishorchandra Wangkhem has been detained for his posts on Facebook. He was arrested on 9 August 2018, for Facebook posts two days prior, where he criticised the state government. He was arrested for the alleged offences of ‘making statements promoting enmity and ill will’ and ‘defamation’; he was subsequently released on bail. On 20 November 2018, he was arrested for the alleged offence of ‘sedition’, in relation to Facebook videos he posted on 19 November that criticised the Chief Minister of Manipur and the Prime Minister of India. He was released on bail on 26 November, as the Chief Judicial Magistrate, Imphal West, noted that he was merely expressing his opinion. However, he was taken into custody under the NSA the following day.

I am very concerned that Kishorchandra Wangkhem is being targeted using repressive laws for simply exercising his right to freedom of expression. Many of the laws and criminal provisions that he has been arrested under, such as criminal ‘defamation’, ‘sedition’, and the National Security Act do not meet international standards and have been criticised for being vague, overbroad, and repressive.

I call on you to

  1. Immediately and unconditionally release Kishorchandra Wangkhem from administrative detention and ensure that he is given a fair trial for all pending criminal cases, in accordance with international human rights standards. Pending his release, ensure he is not subjected to torture or other ill-treatment; and,
  2. End the use of administrative detention and desist from using the criminal provisions of defamation and sedition, against journalists and human rights defenders in Manipur.

Yours sincerely

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

 

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ