English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. グアテマラ: グアテマラ:重大な犯罪を許す恩赦法を廃案に

グアテマラ:
グアテマラ:重大な犯罪を許す恩赦法を廃案に

最新情報:
2019年3月 1日
国名:
グアテマラ
対象者:
内戦の犠牲者(男女)
期限:
2019年4月12日
配信日:
2019年3月 1日
UA No:
012/2019

グアテマラ国会では、1960年から96年の内戦中に大量虐殺、拷問、強制失踪などに関わった罪で収監されている軍人に恩赦を与える法律が可決される見込みだ。この法律では可決後24時間以内にかつての犯罪者の釈放が認められる。さらに、法律が成立すると、現在も続く当時の犯罪の捜査も打ち切られる。グアテマラ国会は、被害者の正義と真実と賠償を追求する権利を尊重し、この法案を廃案にすべきだ。

1月17日、グアテマラ国会は、国家和解法を修正する第5377号法案の第一読会を通過させた。この法案は、国会の人権委員会が否決したにもかかわらず、審議が進められた。もし可決されれば、継続中の捜査は中止され、既に有罪の判決を受け収監されている加害者は、釈放される。また、紛争中に残虐行為を受けた何千人もの被害者やその家族の、真実と正義を求める権利を大きく損なうことになる。さらに、同法の成立で、同国は、重大な犯罪を捜査、起訴し、処罰するという国際的規則が定める義務を怠ることになる。

グアテマラの裁判所や米州人権裁判所は、国際法に違反する犯罪への恩赦は、国家の人権に対する義務と両立しないと何度か確認してきた。従って、複数の国際人権団体や組織、とりわけ米州人権委員会と国連高等人権弁務官は、この法案を非難している。

アクションしてください。

英語またはスペイン語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文をメールまたはツィッターで、できるだけ早く送ってください。ツイッターでは、第4段落をご利用ください。

  • グアテマラの人権義務に違反する法案の審議を中止し、内戦の犠牲者の権利を尊重する。

要請例文

Álvaro Enrique Arzú Escobar
Email: aarzu@congreso.gob.gt
Twitter: @AlvaroArzuE @CongresoGuate

Dear Mr Arzú,

On 17 January, the Guatemalan Congress approved the first reading of Bill 5377 to reform the National Reconciliation Law. This bill has progressed despite being rejected by the Congress' own Human Rights Commission. It aims to extend an amnesty to those accused of serious international crimes against humanity, such as genocide, torture and enforced disappearances, that took place during the country’s internal armed conflict. If passed, the bill would lead to the suspension of ongoing investigations into these crimes and the immediate release of those already convicted.

The bill represents a serious setback for the rights of thousands of victims in the country to achieve truth and justice for the atrocities they and their families experienced during the conflict. It also breaches Guatemala’s international obligation to investigate, prosecute and punish grave crimes.

On several occasions, Guatemala’s tribunals and the Inter-American Court of Human Rights have ruled that amnesties for crimes under international law are incompatible with states’ human rights obligations, and multiple international human rights bodies and organizations, including the Inter-American Commission on Human Rights and the United Nations High Commissioner for Human Rights, amongst others, have consequently condemned this bill.

I urge you to respect the right to justice of victims in Guatemala by not tabling Bill 5377 for debate and to refrain from passing it into a law. The advancement of this bill would represent a severe breach of Guatemala’s international human rights obligations.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ