English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 赤道ギニア: 赤道ギニア:人権活動家を不当に勾留

赤道ギニア:
赤道ギニア:人権活動家を不当に勾留

最新情報:
2019年3月22日
国名:
赤道ギニア
対象者:
ホアキン・エロ・アイェト(男性)
期限:
2019年6月19日
配信日:
2019年3月22日
UA No:
015/2019

人権擁護活動家ホアキン・エロ・アイェトさんが2月25日、マラボの自宅で逮捕された。大統領殺害計画に関与していたからだという。取り調べで脅しや拷問を受け、負傷した。その後、刑務所に送られ、拘禁されてきた。3月2日以来、弁護士や家族と面会できていない。

逮捕後の取り調べで、大統領殺害計画について尋問され、激しい暴行を受け、両手を縛られて吊るされた。3月1日に裁判所に連れてこられた。裁判所は、取り調べで受けた暴行の傷をよく調べもせず、刑務所で治療を受けるように告げ、刑務所での公判前勾留を命じた。3月2日以来、弁護士や家族の面会は禁止されている。まだ、起訴はされていない。

アイェトさんは野党議員をしながら、当局による若い人たちの不当逮捕など不正義問題に取り組む市民団体Somos+にも関わっている。この団体は、アフリカネイションズカップの期間中に恣意的に逮捕された若者に対する同じ世代による支援を後押しする目的で、2015年に設立された。アイェトさんは、これまで数回逮捕、拘禁されてきた。2016年11月末、軍関係者2人が、道路通行料金を支払わなかったという記事をSNSに投稿したところ、その2人から激しい暴行を受けた。その後、2人を告訴したが、「投稿記事は、国に悪いイメージを与えている」として、逆に1カ月以上拘禁された。

今回は、大統領殺害計画の情報を知っていたからだというが、具体的な容疑もないまま、勾留されている。アイェトさんはこれまで、不正義を告発するという自由権を行使しただけで拘禁されたのであり、即刻、無条件で釈放されるべきだ。

アクションしてください。

英語またはスペイン語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)またはファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • 釈放されるまで、必要とする医療などの支援をし、虐待を受けることがないことを保障する。
  • 留置所で拷問を受けたという申し立てに対して、公平で、透明性ある捜査を実施し、暴行の関係者を国際的な基準に沿って裁判にかける。

要請例文

Mr Salvador Ondo Ncumu
Minister of Justice, Religious Affairs & Penitentiary Institutions

Ministry of Justice, Religious Affairs & Penitentiary Institutions
Malabo II, Frente al ministerio de comercio
Equatorial Guinea

Dear Minister,

I am writing to bring to your attention the case of human rights defender Joaquín Elo Ayeto. a member of Somos+ Platform and the political opposition party Convergence for Social Democracy (CPDS), arrested on 25 February at his house in Malabo. No reason was given for his arrest. When he asked, he was only told “You will find out later”.

He was taken to the Central Police station in Malabo where he was questioned about an alleged plot to kill the president. According to reliable sources, he was beaten severely at least twice while at the Police station and was hung up from his hands. On Friday 1 March, Joaquín was brought to court. The judge refused to look into Joaquín’s injuries resulting from torture in police custody and instead told him that he would receive treatment in prison. The judge ordered his pre-trial detention at the Black Beach Prison. He has not been allowed access to his lawyer and family in detention since 2 March. He is yet to be charged.

I am extremely concerned for Joaquín’s life, his well-being, safety and health condition.

I urge you, as Minister of Justice, to ensure the immediate and unconditional release of Joaquín Elo Ayeto, who has been detained solely for the peaceful exercise of his human rights. He has been arbitrarily arrested with no charges against him.

Pending Joaquín Elo Ayeto’s release, I urge you to ensure that he has access to medical treatment and assistance he may require and that he is not subjected to torture and other ill-treatment.

I would also urge you to immediately order thorough, impartial, effective and transparent investigations into allegations of Joaquín Elo Ayeto’s torture while in police custody and ensure anyone suspected to be responsible is brought to justice in line with international standards of fairness.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ