English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. アンゴラ: アンゴラ:デモ参加者多数を不当拘束

アンゴラ:
アンゴラ:デモ参加者多数を不当拘束

最新情報:
2019年2月19日
国名:
アンゴラ
対象者:
カビンダ州の活動家(男女)
期限:
2019年5月26日
配信日:
2019年2月19日
UA No:
018/2019

カビンダ州の独立を目指して非暴力で活動する62名が1月末から2月にかけて、家族や同僚らとともに不当に逮捕された。現在、州の刑務所に勾留されている。

治安当局は1月28日、カビンダ独立運動(MIC)の活動家8名を逮捕した。8人は、2月1日に実施するシムランブコ協定調印134周年記念する集会で配布するチラシの準備をしていた。

1月29日には、拘束された8人の家族や同僚ら20人が、釈放を求めて抗議しているところを逮捕された。

2月1日、集まった人たちは、街に繰り出し、協定調印の記念日を祝い、カビンダのアンゴラからの独立をあらためて訴えた。また、直前に逮捕された人たちの釈放も求めた。そして、この集会の参加者34名が逮捕された。

一連の逮捕者は、合計62名となった。彼らは、州の刑務所に恣意的に拘束されている。容疑は、違法結社、反乱、国家侮辱、抵抗などだ。平和的な集会とデモを取り締まる行為は、表現の自由、平和的な集会の自由の権利の侵害だ。

もっと読む

追加情報

シムランブコ協定は1885年に締結された。これによりカビンダは、ポルトガルの保護領になった。その後、カビンダは国際的にはアンゴラの一行政区と見なされてきた。

MIC代表は1月7日、アンゴラのジョアン・マヌエル・ゴンサルベス・ロウレンソ大統領宛てに2月1日の集会とデモを行うことを通知する文書を送り、その写しをカビンダ州政府、州警察司令部、共和国検事総長、アンゴラの各政党などの関係当局に送った。MICは、デモ参加者を守るため警察の出動を要請した

カビンダは、コンゴ民主共和国とコンゴ共和国に挟まれた飛び地にある。カビンダ州は、アンゴラの輸出石油の大半を生産している。アンゴラからの独立を求める人たちは、アンゴラからの独立か、自治権の付与を求めてきた。国は、独立を求める人たちの代表と協議を模索するが、実現していない。

アクションしてください。

英語またはポルトガル語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)またはメールでできるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • デモ関係者やその家族ら62名の拘束を直ちに解き、無条件で釈放すること。彼らは表現の自由、平和的な集会の権利を平和的に行使したに過ぎない。
  • カビンダの活動家に人権活動の権利行使を保障すること。権利行使への報復や不当な制約を課さない。

要請例文

Minister of Justice and Human Rights
Francisco Manuel Monteiro de Queiroz
Ministério da Justiça e dos Direitos Humanos
Rua 17 de Setembro,
Luanda, Angola
Email: francisco.queiroz@minjus.gov.ao or portal.minjusdh.contactos@gmail.com

Dear Minister Francisco Manuel Monteiro de Queiroz,

Angolan security forces arrested eight youth activists from the Independence Movement of Cabinda (Movimento Independista de Cabinda – MIC) at their homes on 28 January in Cabinda Province, Angola. They were preparing leaflets in readiness for a peaceful protest to mark the 134th anniversary of the signing of the Treaty of Simulambuco scheduled for 1 February.

The next day, 20 people, including family members and colleagues of the detained youth activists, were arrested by the police while peacefully protesting to demand their release in front of the Service of Criminal Investigation building also in Cabinda.

Protesters took to the streets of Cabinda on 1 February to celebrate the anniversary of the Treaty of Simulambuco and to reiterate calls for Cabinda’s independence from Angola. They also called for the release of those arrested previously. The Provincial Police arrested 34 protesters during the protest.

The 62 people remain arbitrarily detained at the Cabinda Province civil prison. The Public Prosecutor has requested their pre-trial detention and charged them with the crimes of criminal association (article 8 of 3/14 Law), rebellion (article 21 of 23/10 Law), insult (ultraje) of the State (article 25 of 23/10 Law) and public disturbance and resistance (articles 185 and 186 of Penal Code).The crackdown by the authorities on peaceful protesters in Cabinda undermines the rights to freedom of expression and peaceful assembly in Angola. I therefore urge you to:

  • Ensure the authorities immediately and unconditionally release the 62 protesters detained solely for peacefully exercising their rights to freedom of expression and peaceful assembly;
  • Ensure that activists in Cabinda are guaranteed their right to carry out human rights activities without fear of reprisals and unlawful restrictions.
Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

 

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ