English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. アルゼンチン: アルゼンチン:子供を残し、母親を国外退去

アルゼンチン:
アルゼンチン:子供を残し、母親を国外退去

最新情報:
2019年4月13日
国名:
アルゼンチン
対象者:
バネッサ・ゴメス・クエバ(女性)
期限:
2019年7月 7日
配信日:
2019年4月13日
UA No:
039/2019

バネッサ・ゴメス・クエバさん(33才)が、アルゼンチン国籍の息子(2才)とともに2月4日、事前通告もなく拘束され、国外に退去させられた。子ども3人のうち、2人を残しての強制退去だった。

クエバさんは15年前、ペルーからアルゼンチンに移り住んだ。アルゼンチンの市民権を持つが、国籍は出身国のペルー国籍のままだった。2013年に薬物取引の罪で4年の刑を受け、服役した。出所後、社会復帰を目指して仕事をしながら看護師の資格を取得した。

2015年、入国管理局は、犯罪歴を理由に国外退去の命令を出した。アルゼンチン国籍の子どもがいることには、何の配慮もなかった。その3カ月後、クエバさんは退去命令に対して行政不服審査を申し立てたが、却下された。その決定が本人に知らされなかったため、決定に対する異議申し立てができなかった。さらに入国管理事務所は昨年10月、国外退去の執行にあたり本人の拘束命令を申請し許可された。この執行命令も不手際で、クエバさんには知らされなかったため、命令無効の申立てができなかった。

2月1日、クエバさんは、警官に「書類に署名してほしい」と署に同行を求められ、2才の息子だけを連れて警察署に出向いたが、そのまま身柄を拘束され、空港の入国管理事務所の一室に拘禁された。その3日後、息子とともに国外に退去させられた。

その後、アルゼンチンに残した2人の子どもは親戚に行き取られたが、クエバさんは会うことができていない。この国外追放は、国内法とアルゼンチンが批准する国際条約で保障されている家族団らんの生活をする権利や子どもの権利を侵す。

アクションしてください。

英語またはスペイン語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)かメールで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • 入国管理事務所は、国内外の法律が保障する子どもの権利を侵害するこの退去命令を取り消し、クエバさんに子どもとの同居生活を保障する。

要請例文

Horacio José García
Director of the National Migrations Office
Av. Antártida Argentina 1355, Ciudad de Buenos Aires, C1104ACA
Email: hgarcia@migraciones.gov.ar
Twitter: @HoracioGarciaOK, @Migraciones_AR

Dear Horacio García,

On 1 February police officers showed up at Vanessa Gómez Cueva’s house and requested that she accompany them to their offices to "sign a notification". Vanessa took her 2-year-old son with her and left her other two children at home, one 5 years old and the other 14. Police officers transferred Vanessa and her baby to a cell without light or water. Later that day, they were both moved to Ezeiza Airport in Buenos Aires, where they were held by migration authorities. On 4 February, she was deported from the country with her infant son, who is still breastfeeding, without having been able to say goodbye to her other two children, who are being cared for by relatives. All three of her children are Argentinian citizens.

Vanessa is 33 years old and arrived in Argentina from Peru more than 15 years ago. In 2013, she was sentenced to four years in prison for the sale of narcotics in an expedited trial. After serving her sentence in 2014, she sought to reintegrate herself into Argentine society and obtained a nursing qualification, while balancing her work and studies. In 2015, the National Migrations Office ordered her deportation without taking into proper consideration her current situation or the existence of her Argentine children.

Three months after the deportation order was issued, Vanessa filed an administrative appeal that was rejected. However, she said she was never notified of the decision to deny her appeal, preventing her from filing an appeal to that decision. In October 2018, the National Migrations Office requested a judicial order to detain Vanessa to execute the deportation order. She was held with her baby on 1 February 2019 and both were expelled from the country three days later. Since then she has not seen her two other children. Her deportation violates the right to family life, family unity and the best interest of the child, which are all protected by national law and international treaties, including regional standards, ratified by Argentina.

I urge you to immediately reverse Vanessa’s deportation, allow her re-entry into Argentina, guarantee her return with her baby and allow family reunification with her two other children.

Yours Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ