English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イエメン: イエメン:大学教授が拘禁される

イエメン:
イエメン:大学教授が拘禁される

最新情報:
2019年5月14日
国名:
イエメン
対象者:
ユーセフ・アル・バワブ(男性)
期限:
2019年7月30日
配信日:
2019年5月14日
UA No:
051/2019

大学教授で政治家のユーセフ・アル・バワブさんは2016年10月に治安当局に逮捕され、起訴された後も勾留が続いてきた。4月2日以降は、情報機関の施設に隔離拘禁されており、拷問を受けるおそれが非常に高い。

2年半の勾留期間中、彼は数々の不当な扱いを受けてきた。強制失踪、長期勾留、裁判の遅れ、弁護人との面会禁止などだ。表現の自由の権利を行使しただけで、でっち上げの容疑で起訴された可能性が強い。事実上の権力を握るフーシ派当局は、起訴を取り下げ、即時釈放すべきだ。

バワブさんは、4月2日、特殊犯罪を扱う裁判所で、他の35人の被告と共に審理された。サウジ主導の連合軍へのスパイ容疑で、有罪なら死刑が科される。バワブさんが、36人の被告を代表して訴えた、情報機関施設での拘禁中に、拷問などの残酷な暴行を受けたと。しかし、裁判官は、疑われる暴行に捜査を命じるどころか、訴えに一切、耳を貸さなかった。次の審理が行われた法廷には、バワブさんの姿はなかった。

もっと読む

追加情報

2016年10月2日、バワブさんはサナアのモスクを出たところを逮捕され、勾留された。2017年4月、起訴された。サウジ主導連合軍に軍事目標や暗殺に関する情報を渡したなどというでっち上げの容疑だった。

紛争には、フーシ軍、イエメン政府、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)が主導する連合軍、UAEが支援するイエメン軍などが関わっているが、これらの当事者はすべて、市民の不当な拘束に関与している。

フーシ軍は、批判者、ジャーナリスト、人権擁護運動家らに対し、恣意的な拘束、不公正な裁判、強制失踪などの不当な手段を取ってきた。その犠牲になった人たちの多くは、イエメン改革会議、通称アル=イスラのリーダー、党員や支持者だった。

アクションしてください。

英語またはアラビア語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文をメールまたはツイッターのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ツイッターの場合は、太字部分のみご利用ください。

  • 不当な容疑に基づく起訴を即刻、却下する。
  • 勾留中は、身の安全と必要な治療を確保し、弁護人と家族との自由な面談を保障する。

要請例文

Mohamed Abdelsalam
Ansarullah Representative at Peace Talks
Email: mdabdalsalam@gmail.com
Twitter: @abdusalamsalah

Dear Mohamed Abdelsalam,

Youssef al-Bawab, a linguistics professor at Sana’a University, has been held incommunicado since 2 April 2019 when he appeared before the Specialized Criminal Court (SCC) in Sana’a alongside 35 other detainees; their charges include espionage for the Saudi Arabia-led Coalition, which carries a mandatory death sentence under Yemeni Criminal Law. During the trial session, Youssef al-Bawab appealed to the judge on behalf of the other detainees, highlighting how he and others have been subjected to torture and other ill-treatment throughout their detention at Political Security Office (PSO) in Sana’a, including beatings, being hung from the ceilings and tied up using iron chains. The court did not respond to Youssef’s statement and the judge failed to order an investigation into allegations of torture and other ill-treatment

On 6 April 2019, Youssef al-Bawab was not brought to court to attend his next session. His lawyer asked about his whereabouts, medical condition and whether he was still alive or not. The court failed to answer these questions. After his arrest in 2016, Youssef al-Bawab was forcibly disappeared for three months. Eventually he was transferred to the PSO in Sana’a and his family was permitted to visit him. He only had access to legal counsel once during his initial interrogations in March 2017.

I urge you to drop the trumped-up charges against Youssef al-Bawab and immediately release him as he is being punished for peacefully exercising his right to freedom of expression. Pending his release, I urge you to intervene to ensure that he is protected from torture and other ill-treatment, granted access to adequate medical treatment and regular access to his lawyer and family.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ