English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. フィリピン: フィリピン:殺害予告に負けないで

フィリピン:
フィリピン:殺害予告に負けないで

最新情報:
2019年6月16日 (更新情報)
更新履歴:
2019年5月14日
国名:
フィリピン
対象者:
クリスティーナ・パラベイ(女性)
期限:
2019年7月23日
配信日:
2019年6月16日
UA No:
054/2019

人権団体の連合体「カラパタン」のクリスティーナ・パラベイさんは4月22日、殺害を予告する脅迫メールを受け取った。最高裁は5月30日、パラベイさんら人権活動をする人たちの身の安全を確保するために、国に対して、脅迫を受けた人たちに関わる国が保有する情報の開示を命じた。

カラパタン、女性の人権保護団体「ガブリエラ」、宗教団体「農村地域宣教使節」は5月6日、脅迫からの保護申請を出した。申請にあたっては、政府が自分たちを共産主義者呼ばわりしたことで、脅迫を受けるようになった旨の説明もした。申請を受けた最高裁は5月30日、申請者の要望を認め、国に対して彼らの人身保護と情報開示の命令を出した。命令を受けた対象には、国家警察局もあった。

クリスティーナ・パラベイさんが脅迫メールを受けたのは、4月22日だった。彼女を含む数人を今年中に殺害すると書かれていた。数時間前には、同じ活動をする人物が、殺される事件があったため、彼女はただならない恐怖を感じた。

殺害や脅迫の背景には、国が、人権を擁護したり、政治を批判する人たちへの圧力を強めていることがあった。

もっと読む

追加情報

最高裁は、政府に対して、殺害や脅迫などの事件を検証し、捜査内容に関する情報を開示するよう命令した。警察が違法に収集した情報も求めた。命令対象は、ドゥテルテ大統領、軍、情報部や政府高官らで、6月13日までの回答を求めている。控訴裁判所は6月18日に請願を審理する。

カラパタンなどの人権団体は、国が自分たちを「共産党最前線」と呼ぶことで、団体に対する脅しや襲撃が起こり、その脅威が拡大する結果となっているという。

政府が嫌う団体の多くが、ドゥテルテ政権の麻薬撲滅に向けた過激な対応を非難してきた。撲滅作戦では、その強引な取り締まりで、数千人の市民が警官の銃口の犠牲者となっている。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)、メール、ファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • パラベイさんらが受けた脅迫事件を徹底的に捜査して、加害者を訴追する。
  • 脅迫された人たちの身の安全を確保する対策を打ち、安心して活動できる環境を整える。
  • 過去の活動家殺害事件に対しても、徹底的に捜査して、加害者を訴追する。

要請例文

Police General Oscar Albayalde
Chief, Philippine National Police
National Headquarters Building
Camp BGen Rafael Crame, Quezon City
1111 Philippines
Fax: +632 724 8749
Email: pnpdo.adm1n@gmail.com

Dear General Albayalde:

I am writing to express my concern over death threats received by prominent human rights defender in the Philippines, Cristina Palabay. Cristina is the secretary general of Karapatan, a coalition of several human rights groups and individuals.

On 6 May, Karapatan, along with women’s rights group Gabriela and religious group Rural Missionaries of the Philippines, filed a petition to seek legal protection from threats to life, liberty, privacy and security. On 30 May, the Supreme Court ruled in favour of these groups and issued a writ of amparo and habeas data – protection and access to information, respectively, and named a Philippine National Police directorate as one of the respondents. The groups noted in their petition that they have been threatened, harassed, and intimidated after government authorities accused them of being “communist fronts.”

On 22 April, Cristina Palabay received a text message from an unidentified person sent to her personal number, warning her and several other human rights defenders that they are targeted to be killed this year. The threats were all the more alarming as they came just a few hours after another human rights defender, Bernardino Patigas, was gunned down in broad daylight in Escalante City, Negros Occidental province. The killing of Patigas and the threats against Palabay and other human rights defenders come amid what appears to be an increasingly deadlier campaign against human rights defenders and political activists.

I urge your office to act swiftly to promote and protect the rights of human rights defenders in the country. Specifically, I call on you to:

  • Open a prompt, thorough, independent, impartial and effective investigation into the death threats against Cristina Palabay and other human rights defenders in the country, and bring those responsible to justice in fair trials;
  • Put in place effective mechanisms to protect human rights defenders at risk in consultation with them, and ensure they are able to carry out their work without fear of reprisals; and
  • Launch a thorough, independent, impartial and effective investigation into the killings of human rights defenders and bring all those responsible to justice in fair trials.

Thank you for your kind attention.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ