English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. フィリピン: フィリピン:人権擁護活動家に対する攻撃を止めよ

フィリピン:
フィリピン:人権擁護活動家に対する攻撃を止めよ

最新情報:
2019年5月14日
国名:
フィリピン
対象者:
クリスティーナ・パラベイ(女性)
期限:
2019年8月10日
配信日:
2019年5月14日
UA No:
054/2019

人権団体の連合組織カラパタンの代表、クリスティーナ・パラベイさんら数人が4月22日、殺害を予告する脅迫文を受け取った。同じ日に、カラパタンに加盟する「北ネグロス人権擁護連合」の代表、ベルナルディノ・パティガスさんが、西ネグロス州エスカランテ市で射殺された。人権擁護活動を敵視する団体らによる脅しや襲撃が激化している。

昨年、何者かが殺害を予告するリストを公開した。そのリストにパティガスさんの名前もあった。昨年11月に殺害された人権弁護士のベンジャミン・ラモスさんの名前もリストにあった。リストにある2人が、殺害されたことになる。

このリストには、掲載されている人物の所在を知っていれば知らせてほしいともあり、連絡先の電話番号が記されていた。すでに2人が殺害されたため、掲載されている他の人たちにとって、事態はひっ迫している。

もっと読む

追加情報

カラパタンによると、2016年7月にドゥテルテ大統領が就任して以来、ネグロス地方で少なくとも農場労働者や人権擁護者ら50人が殺害されている。その1人、パティガスさんは、市議会議員の再選を目指して選挙運動中だった。

カラパタンの記録によると、2016年以降、同団体の人権擁護活動家48人が、殺害されている。2018年の初め、西ネグロス州で何者かが、殺害を予告するというリストを配布した。警察は捜査をしたもようだが、犯人は捕まらず、捜査状況も明らかにされていない。

カラパタンなどの人権団体は、何者かから誹謗や中傷を受け、政府からはフィリピン共産党の前線部隊と呼ばれている。

政府が批判する団体の多くが、ドゥテルテ政権の「麻薬撲滅戦争」を非難してきた。薬物の取引や使用をめぐる強引な取り締まりで数千人が殺害された。被害者の多くは、貧困層の人たちだった。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)、メール、ファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • クリスティーナ・パラベイさんら人権擁護活動家に対する脅迫事件に、迅速で実効性ある捜査を行い、容疑者を公正な裁判で裁く。
  • 危険な状況にある人権擁護活動家の身の安全を確保するために、当事者も交えて協議し、実効性ある仕組みを導入する。
  • 一刻も早く、一連の殺害事件の犯人を捕まえ、公正な裁判で裁く。

要請例文

Police General Oscar Albayalde
Chief, Philippine National Police
National Headquarters Building
Camp BGen Rafael Crame, Quezon City
1111 Philippines
Fax: +632 724 8749
Email: pnpdo.adm1n@gmail.com

Dear General Albayalde:

I am writing to express my concern over death threats received by human rights defender in the Philippines, Cristina Palabay. Cristina is the secretary general of Karapatan, a coalition of several human rights groups and individuals. On 22 April, she received a text message from an unidentified person, warning her and several other human rights defenders that they are targeted to be killed this year.

The threats were all the more alarming as they came just hours after another human rights advocate, Bernardino Patigas, was gunned down in Escalante City, Negros Occidental province. The killing of Patigas and the threats against Palabay and other human rights defenders come amid what appears to be an increasingly deadlier campaign against human rights defenders and political activists.

I note with grave concern that Patigas is the second human rights defender killed who was on a supposed ‘hit list’ disseminated by unknown individuals in Negros Occidental in 2018. The list, reported by Philippine media, asked the public to report through a specified phone number the whereabouts of these people, putting their lives at great risk. Also on the list was human rights lawyer Benjamin Ramos who was killed in November 2018. Dozens of other human rights activists, including environmental defenders, have also been killed since June 2016, as reported by media and human rights groups within and outside the country. All these point to the gravity of the threats against Palabay and other activists.

I therefore urge your office to act swiftly to protect human rights defenders in the country. Specifically, I call on you to:

  • Open a prompt, thorough, independent and impartial investigation into the death threats against Cristina Palabay and other human rights defenders in the country, and bring those responsible to justice in fair trials;
  • Put in place effective mechanisms to protect human rights defenders at risk in consultation with them and in accordance to their wishes, and ensure they are able to carry out their work without fear of reprisals; and
  • Launch an effective investigation into the killings of human rights defenders and bring all those responsible to justice in fair trials.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ