English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ニカラグア: ニカラグア:続く弾圧 深まる混乱

ニカラグア:
ニカラグア:続く弾圧 深まる混乱

最新情報:
2019年9月18日
国名:
ニカラグア
対象者:
ニカラグア市民(男女)
期限:
2019年10月10日
配信日:
2019年9月18日
UA No:
082/2019

ニカラグア政権が、抗議する市民を拘束し始めてから1年あまり、拘束される市民の数は増え続ける一方だ。アムネスティは、当局に対し表現の自由の権利の下、拘束されている市民を無条件で直ちに釈放するよう求める。

国際人権委員会や米州機構からの働きかけを受け、今年6月までに全員を釈放すると約束したにも関わらず、現在も120人以上が拘束されたままである。米州人権委員会などによると、昨年4月のデモ勃発以来、警察官21人と市民328人が死亡、けが人2000人以上を出し、700人以上が逮捕された。

また、深まる混乱の中、医療関係者400人が解雇され、公立大学生144人が退学処分を受け、マスコミ関係者90人以上が国外に追放された。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によれば、約7万人が近隣諸国に逃れ、そのうち6万8000人がコスタリカで難民申請をしている。

政府は、反政府派の封じ込めを重点政策とし、政府に抗議する市民全員をテロリストかクーデターを引き起こす人物と見なし、暴力的な摘発を正当化してきた。拘束された人たちが、拷問を受けたり、理由もなく長期に拘束されたりするという報告も届いている。人権団体を含む市民団体は、団体としての認可を剥奪されたため、活動ができなくなっている。

アクションしてください。

英語またはスペイン語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)またはメールで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • 即時無条件に、表現の自由の権利や集会の権利を行使して拘束されている人たちを釈放する。

要請例文

Daniel Ortega Saavedra
President of Nicaragua
c/o Minister for Foreign Affairs
Del cine González 1 c. al Sur,
sobre Avenida Bolivar,
Managua, Nicaragua
nicaragua@oas.org / Twitter: @DenisCanciller

Dear President Ortega,

I write to express my concern about the continued persecution and criminalization strategy in Nicaragua since April 2018. After more than one year from the start of the human rights crisis, at least 120 people continue in detention, despite calls from the Human Rights Council and the OAS Permanent Council for their release, and the Nicaraguan government’s commitment to free them all by 18 June 2019.

I urge you to immediately release and drop all charges of all detained solely for exercising their right to freedom of expression and peaceful assembly since 18 April 2018.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ