English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. チュニジア: チュニジア:警官の暴行を止めようとして実刑なのか

チュニジア:
チュニジア:警官の暴行を止めようとして実刑なのか

最新情報:
2019年10月 3日
国名:
チュニジア
対象者:
マイッサ・アル・クエスラティ(女)
期限:
2019年11月30日
配信日:
2019年10月 3日
UA No:
125/2019

人権活動家のマイッサ・アル・クエスラティさん(18才)とその弟(16才)が9月4日、男性に暴行する警官を制止しようとして逮捕され、警官への侮辱などで起訴された。取り調べでは弁護人が付かず、未成年であるにも関わらず弁護人が立会わないのは、明らかな違法行為だった。有罪になれば、最大4年の実刑を受ける。

マイッサさんは、高校生ながら人権活動に熱心で、人権侵害を受けている人を人権団体に繋ぐことに取り組んできた。アムネスティにも「刑務所の劣悪な環境をなんとかしたい」と語ったことがあった。だが、まさか自分が投獄されるおそれがある裁判にかけられるなどとは夢にも思っていなかっただろう。

9月4日、1人の男が、自分の身の上は国のせいだなどとして警察署前で抗議の焼身自殺を図ろうとしていた。その話を聞きつけたマイッサさんは、すぐに弟と家を飛び出し、警察署に向かった。

男をなだめようとするマイッサさんが目にしたのは、複数の警官による男への暴行だった。マイッサさんは、スマホでその様子を撮影しながら、「やめて!」と叫ぶと、警官にスマホを取り上げられ、身柄を拘束された。姉を離すよう訴えた弟も、手錠をかけられた。その後、2人は取り調べを受けたが、未成年に弁護人か家族を立ち合せなかったのは、明らかな法律違反だった。

その後、署に出向いた父親は、供述調書を差し出され、署名を求められた。その調書には、娘たちに弁護人が立ち合わないことに父親が承諾した旨が記載されていため、署名を拒否した。

2人は拘置所で一夜を過ごし、翌日、警官への侮辱、警官への暴力、命令不服従の3つの容疑で訴追された。

有罪で実刑4年を受ければ、高校を卒業できなくなってしまう。弟は、警官への名誉棄損、命令不服従の容疑があるとされ、起訴されれば、懲役刑のおそれがある。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請事項を盛り込んだ要請文を航空書簡(全世界90円)またはファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • マイッサさんと弟の容疑を取り消す。
  • 2人を弁護人なしに尋問したことは違法であり、捜査する。

要請例文

Minister of Interior Hichem Fourati
Avenue Habib Bourguiba
1000 Tunis
Tunisia
Fax: +21671347929

Dear Minister Hichem Fourati,

On 4 September 2019, Tunisian police arbitrarily arrested Maissa al-Oueslati and her 16-year-old brother in Jbal El Jloud in the outskirts of the capital Tunis. Maissa al-Oueslati had received news about a neighbour threatening to set himself on fire in front of a police station in protest about his social condition. She rushed out of the house with her younger brother, to try to calm the protester down until his family arrives.

More than five police officers started beating up the unarmed protester. Maissa al-Oueslati screamed, asking the police to let him go while trying to film the scene with her phone. A police officer snatched her phone and twisted her arm. Her younger brother rushed towards her and begged the officer to let her go. The police officer pushed the teenage boy on the ground and proceeded to handcuff Maissa al-Oueslati and her brother. In the police station in Jbal El Jloud, police officers interrogated the two siblings without the presence of a lawyer or a parent, as required by Tunisian law for minors. When their father showed up at the police station, police officers handed him a report that he refused to sign. It incorrectly states that he confirms that his children do not need a lawyer. Later that night, Maissa al-Oueslati and her brother were transferred to Bouchoucha detention centre in another part of Tunis where they spent the night. The next morning, she and her brother were transferred in a police car to the investigative judge office who charged her with three offences; “insulting a public official while performing their duty, excessive violence against a public officer, and refusing to comply with orders”. With these three charges, Maissa al-Oueslati faces up to four years in prison and risks not finishing school. Her trial is set to take place on 19 September 2019. Her brother is facing the charge of “slandering a public officer and refusing to comply with orders.” His trial is scheduled on 23 October 2019 and, if convicted, he risks a prison sentence.

I therefore ask you to ensure that all charges against Maissa al-Oueslati and her younger brother are dropped. I call on you to investigate the arbitrary detention of Maissa al-Oueslati and her brother and the denial of their right to a lawyer during questioning. Finally, I call on you to end the impunity of security forces and investigate their use of penal code provisions to punish peaceful protest and actions.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ