1. ホーム
  2. ヒューマンライツコミュニティ
  3. イベント報告
  4. 【イベント報告】東京入国管理局を参観しました

人権の「今」がわかるニュース

イベント報告【イベント報告】東京入国管理局を参観しました

東京入国管理局の前にて東京入国管理局の前にて

2015年12月7日(月)、参加者10名で東京入国管理局を参観しました。参観引率責任者の津田が報告します。

まず、4階の会議室にて参観時の注意事項の説明があった後、入管側から提供された感染防止用の紙マスクを装着し、参観に移りました。

エレベータで7階に行き、内部に仕切板の付いたエレベータ に乗り換え9階へ。建物の8階から11階が収容区域となっていて、8,9,10階が男子収容区域、11階が女子収容区域となっています。

入所手続き室

入所時に感染症をチェックするため、入所者は検温と血圧測定をされます。血圧が高い人は降圧剤を処方されるそうです。室内には13カ国語で書かれた注意書きが掲示されていました。

居住区域

これまで、どこの入管参観でも見せてもらえなかった居住区域に初めて入りました。入ったのは、現在居住者がいないFブロックです。

廊下の両サイドに3畳(1人用)、7.5畳(5人用)、12.5畳(8人用)、15畳(10人用)の畳の部屋が並んでおり、各部屋の角にはトイレが備えてありました。刑務所の居室の構造と同じような印象を受けました。ちゃぶ台の上には、13カ国語で記入された「生活の手引き」というファイルがおいてありました。

この居住区域には、畳の部屋のみでベッドの部屋はないとのことでした(東日本センターにはあるとのこと)。居室の窓からは外を見ることができ、海面や工場のような建物が見えました。

毎日9:30~12:00、10:00~14:30の間に解放処遇を行っていて、居室から自由に出てシャワー室、洗濯場、電話機、運動場を利用することができるとの説明がありました。シャンプー、洗剤などは被収容者が自ら購入するそうです。

朝食は原則としてパンで、昼食と夕食は弁当になります。タバコは他の食品などと同様に、 コンビニで週3回購入できます。飲酒はできず、喫煙と非喫煙は居住ブロックが分けられているとのことでした。

入ってすぐのホールの角に、飲み物用とKDDIのプリペイドのテレフォンカード用の自動販売機が並んでおり、そばのテーブルに電話機が1台置いてありました。プリペイドのカードの番号を使って通話ができます。解放処遇終了後も17:00~20:30の間は、親子電話の子器を各居室の入り口に設置し、通話ができるそうです。

自販機の反対側には、駅の手荷物用ロッカーのような小型ロッカーが並んでおり、被収容者はこれを使って貴重品を管理しているとのことでした。

また壁には「意見箱」、「提案箱」と書かれた小型のポストが置かれていて、前者は東京入管局長あて、後者は視察委員会あてに意見・要望・苦情を投函できるようになっていました。

トランプ、将棋などを貸与していて、テレビは各居室にあり、リモコンでチャンネルを切り替えて、消灯時間の22時まで観ることができるそうです。

洗濯機が並んだ洗濯場、カーテンで仕切られたシャワーブースが並ぶシャワー室もありました。
火曜日にはカウンセリングがあり、木曜日には歯科医の診療も行われるそうです。

運動場

居室区域のすぐ近くに15×5mくらいの運動場がありました。コンクリートの床 面の上に人工芝のような物が敷いてあり、周りに置いてあるベンチの表面もラバーのような少し柔らかい材質になっていて、怪我を防止する対策が感じられました。

このような運動場が各階に2つあり、解放処遇中は自由に使用できるそうです。男性は柔らかいボールを使ってのサッカー、女性はフラフープが人気とのこと。外の空気を吸ったり、歩いたりする人もいるそうです。

面会室

一般面会室は間にアクリル板があるが、領事面会室は仕切りがなく、幼い子どもとの面会でスキンシップを取ることができるつくりになっていました。一般面会室21部屋と領事面会室2部屋が並んでいます。見学中、開け放ったドア越しに、こちら向きに座って被収容者を待っている面会人の姿が見えました。

最後に

この日の参観は、所要1時間のスケジュールだったので、前半30分くらいで施設参観を終え、会議室に戻り事前質問への回答を受けました。

質疑応答の時間はありませんでしたが、いつもは参観することのできない居住区域を見ることができたのは大きな収穫でした。

アムネスティの刑務所参観を受け入れてくださった東京入国管理局の皆さま、ありがとうございました。

※事前質問などに関するお問い合わせはこちら

開催日 2015年12月7日(月)
場所 東京入国管理局
主催 アムネスティ・インターナショナル日本 国内人権ネットワーク

ヒューマンライツ・サポーターになりませんか?

このページの先頭へ戻る

今、必要なアクション

ニュースレターを無料でお届け!

メルマガに登録する(毎週木曜・無料配信)