1. ホーム
  2. ヒューマンライツコミュニティ
  3. イベント報告
  4. 【イベント報告】「第2回 刑務所ゆかりの地めぐり」を開催しました

人権の「今」がわかるニュース

イベント報告【イベント報告】「第2回 刑務所ゆかりの地めぐり」を開催しました

2018年12月5日、アムネスティ日本の国内人権ネットワークの呼びかけで今年2回目となる「刑務所ゆかりの地めぐり」を行いました。

小伝馬町牢屋敷展示館、十思公園、江戸伝馬町処刑場跡

吉田松陰終焉の地の碑吉田松陰終焉の地の碑

江戸時代の囚人施設で、東京のこんな街中に、このような跡地があったことに、とても驚きました。ちなみに、吉田松陰はここで処刑されました。

スガモプリズン跡地(東池袋中央公園)

スガモプリズンの跡地にある記念碑スガモプリズンの跡地にある記念碑

今回、一番見学したかった場所です。「永久平和を願って」という石碑がありましたが特に表示もなく、一人で来ていたらスガモプリズン跡地だということは、わからないかもしれません。このような歴史は、あまり遺したくないということなのでしょうか。

平和の森公園、矯正会館(中野務所跡地)

中野刑務所跡正門中野刑務所跡正門

中野区沼袋駅から徒歩で、中野刑務所跡正門(地元では「平和の門」と呼ばれている)へ。ここも、意外と見落としそうな場所にありました。学校建設の予定があるらしく、現在は金網で囲まれていて、金網越しに見学しました。赤いレンガが印象的な建物です。

平和の門の少し先に矯正会館と図書館があり、ちょっとした刑務所の歴史などが展示されています。日本唯一の犯罪と非行・刑事政策の専門図書館だそうです。矯正会館の1階には、刑務所作業製品が販売されているCAPICがあります。ここで販売されている商品の売り上げの一部は、犯罪被害者・家族の支援に使われるそうです。私は、人気商品の洗濯石鹸を購入しました。

その後、中野駅に向かう途中で食事、解散となりました。ご一緒した参加者の皆さまにいろいろな情報をいただくこともでき、とても充実した「刑務所ゆかりの地めぐり」でした。次は、実際の刑務所見学もしてみたいと思います。ありがとうございました。

報告者:加藤倫子(参加者)

実施日 2018年12月5日(水)
場所 小伝馬町牢屋敷展示館
スガモプリズン跡地(東池袋中央公園)
平和の森公園(中野刑務所跡地)、矯正会館
主催 アムネスティ・インターナショナル日本 国内人権ネットワーク

ヒューマンライツ・サポーターになりませんか?

 

このページの先頭へ戻る

今、必要なアクション

ニュースレターを無料でお届け!

メルマガに登録する(毎週木曜・無料配信)