English

  1. ホーム
  2. 人権について学ぶ
  3. アムネスティ映画コレクション
  4. おすすめ映画
  5. 壊された5つのカメラ ~パレスチナ・ビリンの叫び~

壊された5つのカメラ ~パレスチナ・ビリンの叫び~

5BC_01.jpg

パレスチナ・ヨルダン川西岸地区のビリン村。農業を営んでいたイマードは、四男の誕生を機にビデオカメラを手に入れ、記録を撮り始めた。村ではイスラエルによる違法な「分離壁」が建設され始め、イマードは息子の成長とともに、壁の撤去を求める村人を撮影し始めるが…。

農業を営んでいたイマード・ブルナートがカメラを持ち、イスラエル人監督のガイ・ダビディと共同で作り上げた本作は、2011年11月のアムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭での観客賞・審査員特別賞のダブル受賞を皮切りに、サンダンス映画祭ワールドシネマ監督賞、フランス シネマ・デュ・レエル ルイ・マルコレル賞など世界の映画祭で受賞を続け、喝采を浴びている。このイマードの個人史的映像は、パレスチナ人たちのありのままの声を届けた作品として、世界各国で大きな注目を集めている。

イマード・ブルナート&ガイ・ダビディ監督作品/2011年/イスラエル・パレスチナ・フランス・オランダ/90分

上映スケジュール

人権パスポートをご提示のお客様は一般料金から200割引にてご鑑賞いただけます。
割引対象劇場:シアター・イメージフォーラム(東京・渋谷)

ストーリー

5BC_02.jpg© Friends of Freedom and justice - Bil’in

息子の誕生で手にしたカメラがパレスチナの現実を鮮明に写し出すパレスチナの民衆抵抗運動の地、ビリン村に住むイマード・ブルナートは、四男の誕生を機にカメラを手に入れ、はからずも村の記録者となる。
そんな中、ビリン村ではイスラエル軍により「分離壁」が建設され始める。村の耕作地の多くが奪われ、村人にとって大切なオリーブの木が根こそぎ引き抜かれ、焼かれていく・・・。
怒った村人たちは毎週末、非暴力のデモを続け、イマードはそれを記録する。銃撃などで壊れるたびに彼は新たなカメラを手に入れ、のべ5台のカメラが、息子の成長と友人たちの日々の闘いを克明に切り撮っていく。

関連するアムネスティの国際声明

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ