English

  1. ホーム
  2. 人権について学ぶ
  3. アムネスティ映画コレクション
  4. おすすめ映画
  5. 死刑弁護人

死刑弁護人

shikei_bengo_03.jpg

本作はオウム真理教事件や和歌山毒カレー事件、光市母子殺害事件などの死刑事件の被告人の代理人を担当する弁護士・安田好弘氏を追ったドキュメンタリーである。 被告人に弁明の権利はないのか。裁判は予断を持って行われていないか。死刑は是か非か。安田氏は「不当」に逮捕されてしまうが、彼が活動できるということは日本で民主主義がかろうじて機能しているという証左である。 われわれはそれを監視し続けなくてはならない。市民が参加する裁判員制度が始まっている現在、全国民必見の映画だ。ナレーションは山本太郎。(コメント:アムネスティ個人会員:瀬田直=医師/俳優)
※写真:(c)東海テレビ放送

上映スケジュール

ストーリー

死刑弁護人02(c)東海テレビ放送

真実を追求することで、本当の反省とえん罪が生まれるという理念のもと、死刑事件 の裁判を数多く担当してきた弁護士の安田好弘氏。「人殺しを弁護する人でなし」と いったバッシングを受けるだけではなく、加害者の悔恨と被害者の悲嘆を目の当たり にすることによる苦悩、家族と一緒に過ごすことのできない常軌を逸した忙しさなど、 厳しい状況に置かれながらも、彼は弁護士という仕事を全うしようとする。そんな中、 顧問を担当していた不動産会社に対し資産を隠すよう指示したとして、強制執行妨害 の容疑で身柄を拘束されてしまう。

監督:齋藤潤一
配給:合同会社 東風 2012年/日本/97分

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ