English

  1. ホーム
  2. 人権について学ぶ
  3. 音楽で人権を学ぶ
  4. ピーターバラカンが勧めるこの一曲
  5. 平和な人びとに力を!「Bomb The World」/マイケル・フランティ

平和な人びとに力を!「Bomb The World」/マイケル・フランティ

平和な人びとに力を! 「Bomb The World」/マイケル・フランティ

「戦争によって平和をもたらす」というへ理屈を唱え、依然として幅を利かせる政治家たちに聴かせたい曲がマイケル・フランティの『Bomb The World』です。

この曲の中で、“you can bomb the world into pieces, but you can’t bomb it into peace”という歌詞が何でも繰り返されます。つまり、「爆弾で世界を粉々にすることが出来ても、平和にすることは無理だ」、という話です。“Pieces”と“peace”を非常に効果的に対比させることで、印象に残る歌詞が出来ています。

またこの曲で、フランティ氏は“power to the peaceful”という素晴らしいスローガンを打ち出しています。いうまでもなく“power to the people”をもじった言葉です。かつてジョン・レノンの曲のタイトルにもなったこの表現、南アフリカの反アパルトヘイト運動でよく使われた“Amandla Awethu”も同じ意味ですが、 “people”を“peacefulに”変えて、平和な人びとに力を!と訴えることにぼくは大変気持ちのいいものを感じます。

ギター一本とヴィデオ・カメラを持って、イラクとパレスチナを旅してドキュメンタリーも作ったフランティ氏のこの曲は、『Everyone Deserves Music』というアルバムで聴けます。

CDを購入する

▽ 下記のリンクよりご購入ください。

Everyone Deserves Music

 

Get Back (Black, Brown and White)/ビッグ・ビル・ブルーンジー

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ