English

  1. ホーム
  2. 人権について学ぶ
  3. 世界の人権問題(トピック)
  4. 先住民族/少数民族
  5. 世界の先住民族/少数民族
  6. ブラジルの先住民族

世界の先住民族/少数民族 - ブラジルの先住民族

ブラジルの先住民族

1500年にポルトガル人にブラジルが「発見」された当時、トゥピやグアラニといった先住民族の人口は100万から300万人程度と推定 されています。しかし、その後の白人による虐殺や奴隷狩り、重労働、さらに疫病などにより少なくとも100近い民族が消滅し、現在の人口は20万人程とみ られています。

1960年代に入り、当時の軍事政権が開始したアマゾン開発は先住民族に大打撃を与えました。日本の支援によるカラジャス鉄鉱山の開発 (大カラジャス計画)をはじめとして、森林の商業伐採、牧草地の開発、ダムや鉄道・道路建設などが進み、先住民族は土地を追われ、居住地域を分断され、伝 統的生活が維持できない状況に追い込まれました。

さらに、1970年代終わり頃からアマゾン川流域で砂金採掘が活発化し、採掘中に使用される金属水銀による環境汚染が起こりました。約3000トンのもの水銀が放出されたとみられ、先住民族をはじめアマゾン川流域に暮らす人びとへの健康被害が確認されています。

またアマゾンには、ここ数十年の間に外部社会と接触した先住民族や、いまも外部との接触を持たない未接触民族の人びとが存在します。現在彼らは、入植者が持ち込んだ結核やマラリアなどの疫病、開発業者による虐殺にさらされています。

現在、政府機関として国立インディオ基金(FUNAI)が、先住民族保護区の画定を行い、教育や医療などの分野で先住民族への支援を行っています。しかし、同機関は国家の開発計画のために先住民族を居住地から移動させる任務も負っており、その活動には限界もあります。

関連アクション

関連ニュース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ