国に働きかける

自治体ではLGBTの人たちの権利を守る取り組みが広がっています。

しかし、性的指向や性自認による差別を禁止し、LGBTの人たちの人権を守る法律はまだ日本にはありません。

東京オリンピック・パラリンピックまでに差別禁止法を実現するために。

性的指向や性自認による差別からすべての人を守るために。

いま、あなたの一押しが必要です。

※世界中から集まった署名を日本支部でとりまとめ、アムネスティの要請書と合わせて、内閣総理大臣に提出します。

  • 内閣総理大臣殿、

    私は、東京2020大会の開催を迎えるまでに、性的指向や性自認に基づく差別から、すべての人を保護する包括的な差別禁止法が制定されることを求めます。
  • 内閣総理大臣殿、

    私は、東京2020大会の開催を迎えるまでに、性的指向や性自認に基づく差別から、すべての人を保護する包括的な差別禁止法が制定されることを求めます。

    <英文>(署名は日本語で提出します)
    Dear Prime Minister,

    I call on your government to introduce comprehensive anti-discrimination legislation by 2020 Tokyo Olympics to provide protection against discrimination based on sexual orientation and gender identity.

例)Mamoru Jinken, 人権 守

例)03-1234-5678※アムネスティの活動をご案内します。

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須