天安門事件の犠牲者を追悼して投獄された人を助けて!

中国で民主化を求める学生や市民の運動が弾圧された「天安門事件」から30年。

民主化や人権擁護を求める言動が厳しく取り締まられる中国では、事件を記念することも弾圧の対象となります。

4月4日、四川省の陳兵さん(Chen Bing)が「騒動挑発罪」で有罪となり、3年6カ月の実刑判決を言い渡されました。問題とされたのは、3年前に天安門事件27周年を記念する「白酒」(中国の蒸留酒)をインターネットで販売した際の、ラベル画像。仲間3人も同じ罪で有罪となり、執行猶予つきの判決を下されています。

ラベルには「銘記八酒六四」と書かれていました。中国語では酒は九と同じ発音をするので、このラベルは「89(年)6(月)4(日)」、つまり天安門事件が起こった日を忘れないで、というメッセージが込められています。

陳さんたちは、ラベルを通じて事件の犠牲者を追悼しようとしただけです。それが犯罪とされたのです

中国の習近平国家主席に対して、陳兵さんを即時無条件で釈放することを要請してください。

もっと読む

陳さんたち4人は当初、「国家政権転覆扇動」容疑で検挙されました。ラベルの文言は「政治的」なものかもしれませんが、政権の転覆を呼びかけるようなことは、一切していません。その後、当局もさすがに「国家政権転覆扇動」は行き過ぎだと考えたのか、判決では少し軽い「騒動挑発罪」が適用されました。4人は判決が出るまで、3年も拘束され続けました。

アムネスティでは拘束直後から、彼らの釈放を求める活動をしてきました。陳さんたちの行為は言論・表現の自由の行使であって、処罰されるべきものではありません。

執行猶予がついた3人は「罪を認めた」ためだと言われています。3人は釈放されましたが、沈黙を強いられています。

*天安門事件とは

1989年4月、政治改革を進めようとして失脚した中国共産党元総書記、胡耀邦の死を悼むために、北京で大学生を中心とした市民が集まりました。この動きは官僚による汚職の廃絶を要求し、政治的経済的改革を求める抗議行動に発展し、全国各地に急速に広まります。彼らの要求は幅広い支持を集め、平和的なデモは北京だけでなく中国全土で行われました。当局がデモ隊に家に帰るよう説得することに失敗したため、北京では緊張が高まり、1989年5月20日に戒厳令が布告されました。

1989年6月3日の夜、武装した大勢の軍隊と何百もの装甲車両が市内に移動し、デモ隊を「片付け」ました。子どもや高齢者を含む多くの人が軍によって射殺され、1989年6月4日までに、軍隊は北京を完全に掌握しました。これがいわゆる「天安門事件」です。死者の数は数百人に上ると考えられていますが、誰一人として罪に問われていません。

期間 2019年5月24日~6月末日(予定)
要請先 中華人民共和国 習近平国家主席

※要請先に、あなたの名前、メールアドレスを配信元として直接メールを送ります。万が一、ブロックなどでメールが届かなくなった場合は、アムネスティ日本で取りまとめ、署名(名前のみ)を要請先に提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。