© MARK RALSTON/AFP via Getty Images

「新型コロナ」の情報を隠す中国政府の検閲を止めて!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. 「新型コロナ」の情報を隠す中国政府の検閲を止めて!

今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス感染症。早い段階で注意喚起を呼びかけた中国湖北省武漢の医師たちは、中国当局から「デマを流した」と処罰されました。そのひとり、李文亮さんは、自身が止めようとしたまさにその病気で、今年2月に命を落としました。

中国では、政府による検閲など表現の自由に対する弾圧が、感染拡大の抑え込みを妨げています。 李さんの死は、それをあらためて突き付けるものでした。

これまでに、新型コロナウィルスに関する多数のオンライン記事やソーシャルメディアの投稿が削除され、ジャーナリストや活動家は、ウイルスに関する情報をシェアしただけで、中国政府から嫌がらせを受けています。

表現の自由に対する弾圧は新型コロナウイルスとの戦いを妨げるものに他なりません。中国政府に対して今すぐに検閲をやめるよう、要請してください。

もっと読む

表現の自由の危機

コロナウイルスの情報に限らず、中国では政府による表現の自由や集会の自由に対する弾圧が続いています。メディアはもちろん、オンラインゲームまでもが政府によって検閲されています。民間企業に協力を要請し顔認証システムやビッグ・データなどを駆使して、人びとを監視・統制下においています。禁止されているツイッターを使用しただけで、脅迫や警告を受けたり、中には拘束されてしまったユーザーもいます。

期 間: 2020年3月13日~5月末日(予定)
要請先: 習近平国家主席

※署名(名前のみ)は、アムネスティ日本でとりまとめ、駐日中国大使館に提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    中国国家主席殿、

    私は、中国におけるコロナウイルスとその健康上の危険性に関する情報を隠すための検閲について、重大な懸念を表明します。

    中国の人たちに対する検閲行為を今すぐにやめ、市民が必要とする情報へのアクセスを保障することを求めます。
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    Dear President of China,

    I am writing to express my grave concerns over censorship to suppress information about the coronavirrus and the dengers it posed to public health.

    I urge you to stop censoring people in China, and allow them access to the information they need.

    Sincerely,

例)人権 守, Mamoru Jinken

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。