2020年9月10日、中国政府による新しい二言語教育政策への抗議があった中国北部内モンゴル地域の学校で遊ぶ学生たち。© NOEL CELIS/AFP/Getty Images

内モンゴルの中国語教育強化 抗議して逮捕された人たちを釈放して!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. 内モンゴルの中国語教育強化 抗議して逮捕された人たちを釈放して!

中国政府は2020年9月から、内モンゴル自治区における義務教育9学年の数教科の指導を、これまでのモンゴル語から標準中国語に徐々に切り替えていく政策を開始しました。この政策が計画通りに進めば、2022年には内モンゴル自治区の生徒たちは、「国語」、歴史、政治の授業を、中国語のみで受けることになります。

こうした中国語での教育に対し、内モンゴル自治区内で抗議行動が起こり、報道によれば、通遼市ホルチン区で、少なくとも23人のモンゴル民族の人たちが逮捕されました。政府への抗議行動運動に参加したり、抗議に関する情報を入手したりしたことが「騒乱挑発罪」にあたるとされています。9月2日までの時点で、警察は容疑者として129人の名前を公表しました。

逮捕された人たちは、自らの言語を使用する権利を求め、また集会の開催や表現の自由の権利を行使しただけです。中国政府に対して拘束した人たちを釈放し、集会の自由の権利を尊重するよう、要請してください。

もっと読む

内モンゴル人口の80%近くは漢民族ですが、約420万人のモンゴル民族が自治区内に住んでおり、中国国内の全モンゴル民族人口の70%を占めています。

内モンゴル自治区の教師や行政関係者、中国共産党員の中には、中国語への転換政策を計画通り着手しなかったとして処分された人たちがいると報道されています。一部の自治体では、生徒や保護者が、期日までに入学手続きをしなければ、助成金や銀行ローンの対象外となるという警告を受けています。

期 間: 2020年10月29日-12月下旬(予定)
要請先: Director Heng Xiaofan 衡暁帆 内モンゴル自治区公安庁長

※署名(名前のみ)はアムネスティ日本で取りまとめて要請先に提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    内モンゴルで2020年9月初旬から始まった平和的抗議への参加者に対して弾圧が続いていることについて、懸念を表明します。

    報道によれば、妊婦や中学生を含む少なくとも23人が、中国語による教育の強化に対する平和的抗議に参加、あるいはそれについて情報を拡散した後に、「騒乱挑発罪」の容疑で逮捕されたとのことです。

    2020年9月2日、通遼市ホルチン区の公安部は「騒乱挑発罪」容疑者129人の人びとの名前を公表しました。

    いかなる人も平和的に抗議したり、抗議に関する情報を拡散したことを理由に逮捕されたり、起訴されたりすることがあってはなりません。そのような対応は、国際人権法と人権基準で保障された表現の自由や平和的集会に関する権利を侵害しています。

    さらに、逮捕された人びとの消息に関する情報が開示されていません。逮捕された人びとの安否、また彼らが拷問や虐待を受けていないか、深く憂慮されます。

    したがって、私は以下を要請します。

    ・国際的に犯罪とされる容疑で、十分に信頼できる証拠があり、かつ国際基準に沿った公正な裁判を受けられないのであれば、平和的な抗議に参加した人びとを即時かつ無条件に釈放すること。

    ・平和的集会に対する権利を行使しただけの人びとを逮捕したり起訴したりすることを止めること。
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    I am writing to express my concern about the ongoing crackdown against peaceful protesters in Inner Mongolia that began in early September 2020.

    According to media reports, at least 23 individuals, including pregnant women and middle school students, have been arrested so far for “picking quarrels and provoking trouble” after participating in or sharing information about peaceful protests against the recent “bilingual education policy”.

    On 2 September 2020, the Horqin District Branch of the Tongliao City Public Security Bureau released the names and photos of 129 individuals wanted for “picking quarrels and provoking trouble”.

    No one should be arrested or prosecuted for taking part in a peaceful protest or sharing information about a protest. Such measures violate the right to freedom of expression and peaceful assembly under international human rights law and standards.

    Furthermore, I find it extremely distressing that no information about the whereabouts of the arrested individuals has yet been made public. I am deeply concerned about their wellbeing and fear that they are at risk of torture and other ill-treatment.

    I therefore call on you to:

    ・Release peaceful protesters immediately and unconditionally unless there is sufficient credible and admissible evidence that they have committed an internationally recognized offence and are granted a fair trial in line with international standards;

    ・Refrain from further arrest and prosecutions of individuals who have simply exercised their right to peaceful assembly.

例)Mamoru Jinken, 人権 守

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。