2020年10月25日に台北市中心部で行われた「Save12」キャンペーン ©AFP via Getty Images

家族にも会えない!投獄された香港の若者10人に正当な権利を!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. 家族にも会えない!投獄された香港の若者10人に正当な権利を!

中国本土で拘禁されていた香港の若者12人のうち10人が、不公正な裁判の末に有罪判決を受けました。

12人は香港の民主化を求めて運動していました。2020年8月、高速艇で香港を脱出したところを中国海警局に拘束されました。拘束されて以来、弁護人を自ら選ぶことも、香港にいる家族が依頼した弁護人との接見も認められないまま、12月30日、10人に有罪判決が言い渡されました。家族は本人たちとの面会を繰り返し求めましたが、中国当局から拒否され続けています。10人の中には病気の人もいますが、必要な医療を受けられているか懸念されています。

有罪判決を受けた香港の若者10人に対し、家族や私選弁護人との面会を認め、必要な医療措置を提供するなど、正当な権利を保障するよう中国当局に要請してください。

もっと読む

逮捕されたのは、鄭子豪(CHENG Tsz-ho)さん、張俊富(CHEUNG Chun-fu)さん、喬映瑜(QUINN Moon)さん、鄧棨然(TANG Kai-yin)さん、李子賢(LI Tsz-yin)さん、李宇軒(LI Yu-hin)さん、黃偉然(WONG Wai-yin)さんを含む12人。うち2人は、逮捕時に18歳未満でした。

2020年12月16日、12人のうち10人が正式に起訴され、同30日、2人に「秘密裏に越境を計画した」罪でそれぞれ2年と3年、残りの8人に「秘密裏の越境」の罪で7カ月の禁錮刑が言い渡されました。拘束時に18歳未満だった残りの2人は起訴されず、香港当局に引き渡されました。

香港当局は9月、12人全員が弁護人を選んだと声明を出しましたが、家族は否定しています。一方、家族が依頼した弁護人の少なくとも4人は、弁護人を降りるよう圧力を受け、2人は弁護士の免許をはく奪されました。

10人のうち喬映瑜さん、鄧棨然さんは、病気のため医者から処方された薬を飲む必要がありますが、適切な医療措置を受けられているのか知る術がありません。

期 間: 2021年1月27日-3月末日 (予定)
要請先: 深圳市公安局塩田支局長

※署名(名前のみ)はアムネスティ日本で取りまとめて要請先に提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    10人の香港人が4か月以上にわたり、家族や弁護人と接見できないまま拘禁されていることを非常に懸念しています。不公正な裁判の末に、2人が秘密裏の越境の計画、8人が秘密裏の越境の罪で2020年12月30日に禁錮刑を言い渡されました。

    10人が2020年8月23日に拘束されて以来、当局は、10人が「自ら弁護人を選んだ」と主張、10人と家族との直接のやりとりを一切認めず、家族が雇った弁護人からの面会依頼をすべて拒否するなどしてきました。12月28日の裁判では、国選弁護人のみが10人の代理人を務めました。家族が依頼した弁護人のうち2人は、その後、弁護士としての免許をはく奪されています。

    家族が依頼した弁護人は、法廷が傍聴人で満席だという理由で審問に出席できませんでした。これは、当局が「微妙な」内容だと考えた裁判に被告人の家族などが出席しないようにするために、中国の裁判所がよく使う口実です。

    また、当局が被告人の家族に審問の詳細を一切伝えなかったことも懸念しています。国選弁護団は、裁判が行われる3日前に、その日時と場所を家族に知らせただけでした。審理当日、被告人の家族は国選弁護士と連絡が取れず、言い渡された判決の詳細やコピーを受け取ることができませんでした。国選弁護団は、判決が下った後に10人に会いたいという家族の要望にも対応しませんでした。

    特に心配なのは、普段から健康に問題があり、定期的に処方された薬を必要とする喬映瑜さん、鄧棨然さんが、拘禁中に適切な医療措置を受けているかどうかを知る方法がないことです。うつ病を患っており、定期的な投薬が必要な喬映瑜さんの家族は、国選弁護人と連絡が取れないままです。鄧棨然さんも喘息の定期的な投薬が必要です。家族や私選弁護士が10人と面会して健康状態を確認する方法がないのは非常に心配です。

    したがって、私は以下を要請します。
    ・10人に対し、速やかに家族や弁護人との定期的な接見交通権を認めること
    ・10人が、いつでも彼ら自身の要望と必要性に応じて医療措置を迅速かつ定期的に受けられるようにすること
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    I am writing to express my grave concern for 10 Hongkongers who have been detained in China without direct communication with their families or lawyers of their choice for more than four months. After an unfair trial, they were sentenced to prison terms on 30 December 2020. Two among the 10 were sentenced to three and two years’ imprisonment respectively for “organizing other persons to secretly cross the border”, and the other eight to seven months’ imprisonment for “secretly crossing the border”.

    Since the 10 were detained on 23 August 2020, the authorities have violated their right to legal representation, rejecting all meeting requests from family-hired lawyers while claiming the 10 had “chosen their own lawyers”, without allowing any direct communication between the defendants and their family. Only government-appointed lawyers represented the 10 at the trial on 28 December 2020. Two of the family-hired lawyers have since been stripped of their licences to practice.

    The family-hired lawyers could not attend the hearing as the court claimed that the public gallery in the courtroom was full. I am aware that Chinese courts have often used this as an excuse to stop family members and others from attending trials that the authorities consider to be “sensitive”.

    I also find it distressing that the authorities did not inform the defendants’ families of any details of the hearing. The government-appointed lawyers only informed families of the date, time and location of the hearing three days before it took place. On the day of the hearing, defendants’ family members were unable to contact the lawyers and received no details or copies of the verdict handed down on 30 December 2020. The lawyers did not handle the families’ requests to meet the 10 after they were sentenced.

    I am particularly concerned about QUINN Moon and TANG Kai-yin, who have existing health conditions and require regular prescribed medication, as there is no way to know whether they are receiving adequate medical care while in detention. The family of Quinn, who has depression and needs regular medication, say they remain unable to reach the government-appointed lawyer. Tang also requires regular asthma medication. It is extremely worrying that there is no way for family and their hired lawyers to meet with the 10 individuals and check on their health and well-being.

    I call on you to immediately:
    ・Ensure that the 10 individuals have regular and effective access to family and family-appointed lawyers without delay;
    ・Allow the 10 individuals prompt, regular and unrestricted access to medical care on request or as necessary.

例)人権 守 または Mamoru Jinken

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。