© Matteo Bastianelli

離れ離れになったウイグル人親子を再会させて!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. 離れ離れになったウイグル人親子を再会させて!

子どもを親族に託して新疆ウイグル自治区から海外に渡った多くのウイグル人が、その後、子どもに会えなくなるという事態が起きています。

新疆ではウイグル人に対する大規模な弾圧が行われており、子どもの面倒を見ていた親族が拘束されると、子どもは孤児院や寄宿舎に連れて行かれ、ほとんどの場合、行方も分からず、連絡も取れなくなってしまいます。帰国しようにも拘束されてしまう危険があるため、戻ることもできません。

警察の執拗な嫌がらせから逃れるためイタリアに渡ったミリバンさんと夫のアブリキムさんも、4人の子どもたちに会えなくなってしまいました。国を離れた当時、大弾圧はまだ始まっておらず、後から呼び寄せるつもりで子どもたちを両親に預けました。しかしその後、両親とも拘束されてしまいます。

2019年、ようやくイタリア政府から子どもを呼び寄せる許可を得ましたが、そのためには子どもたちが5千キロも離れた上海に行ってビザを取得する必要がありました。過酷な旅の末、4人は何とか上海にたどり着きましたが、ビザを申請する前に警察に捕まって新疆に連れ戻され、国が運営する孤児院と寄宿学校に入れられてしまったのです。

「生きているうちに子どもたちと再会できるかわからない。何より辛いのは、子どもたちが孤児になってしまっていることです」――ミリバンさん

中国当局に、新疆での弾圧をやめ、離れ離れになっているウイグル人親子が再会できるよう要請してください!

もっと読む

イスラム系住民が多く住む新疆ウイグル自治区では2014年から「テロとの戦い」の名の下、住民は厳しい監視下に置かれるようになりました。2017年からは、新疆に住むウイグル人やカザフ人を始めとするイスラム系の人びとが大量に拘束され、「再教育センター」や「職業訓練センター」と呼ばれる収容施設に収容されるようになったのです。その数は100万人以上とも言われています。

収容された人びとは拷問や虐待を受け、自分たちの文化を禁じられ、中国共産党の政治思想をたたきこまれます。仕事や留学で海外にいたウイグル人は帰国するとすぐ拘束されて収容施設に収容されるため、国内の家族や友人から帰国しないよう警告されます。子どものパスポートは発給が拒否されたり、没収されたりしています。そのため、子どもを親族に預けていたウイグル人は国に戻ることも、子どもを呼び寄せることもできず、子どもに会えなくなってしまいます。さらに、子どもの面倒を見ていた親族が収容されると、子どもたちも収容され、一家は離散してしまいます。そして新疆にいる子どもや親族とほとんど連絡を取れなくなり、行方も分からなくなってしまうのです。

期 間: 2021年3月19日-4月末日 (予定)
要請先: 習近平国家主席、新疆ウイグル自治区党書記

※署名(名前のみ)はアムネスティ日本で取りまとめ、要請先と駐日中国大使館に提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • <下記の内容で要請します>

    新疆ウイグル自治区で少数民族に対する前例のない弾圧が行われているために、ウイグル人の子どもたちが親や保護者から引き離されていることに深い懸念を表します。

    長年にわたって新疆では、多くのウイグル人が民族や宗教に基づいた組織的な差別を経験しています。2017年以来、新疆では推定100万人以上が恣意的に「再教育センター」や「職業訓練センター」に拘束され、拷問や虐待を受けたり、政治思想や異文化を強要されたりしています。組織的に大規模な弾圧が行われているために、子どもを故郷に残して海外に出ているウイグル人は子どもに会いに故郷に戻ることも、子どもを海外に呼び寄せることもできなくなっています。

    中国は1992年に子どもの権利条約を批准しています。第9条(親と引き離されない権利)、および第10条(他の国にいる親と会える権利)に明記されているように、子どもたちが意志に反して親から引き離されることのないように保証し、また子どもにとっての最善の利益を常に最優先に考えなくてはなりません(第3条)。

    私は以下の点を要請します。

    ・子どもたちが望むなら、海外に住む親やきょうだいとすぐに暮らすことができるよう、子どもたちが中国を離れられるようにすること
    ・ウイグル人や他のイスラム系民族が中国に自由に出入国する権利を制限するような許しがたい措置を撤廃すること
    ・政治的な「再教育センター」を閉鎖し、被収容者を偏見なく、即時に無条件で釈放すること
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    I am writing to express my grave concern on forced separation of Uyghur children from their parents or guardians as a result of the unprecedented crackdown on ethnic populations in Xinjiang Uyghur Autonomous Region.

    For decades, many Uyghurs have experienced systematic ethnic and religious discrimination in Xinjiang. Since 2017, an estimated one million or more people have been arbitrarily detained in “transformation-through-education” or “vocational training” centres in Xinjiang, where they have been subjected to various forms of torture and ill-treatment, including political indoctrination and forced cultural assimilation. This mass detention campaign combined with systematic repression have prevented Uyghur parents from returning to China to take care of their children themselves and made it nearly impossible for their children to leave China to reunite with them abroad.

    China ratified the Convention on the Rights of the Child (CRC) in 1992. In accordance with Articles 9 and 10 of the CRC, China must ensure that children are not separated from their parents against their will and that the children’s best interests are always the primary consideration (Article 3).

    I urge you to;
    ・Ensure that children are allowed to leave China to be reunited as promptly as possible with their parents, if that is preferred by them, as well as with siblings already living abroad.
    ・End all measures that impermissibly restrict the rights of Uyghurs and other predominantly Muslim ethnic groups to freely leave and return to China.
    ・Close the political “re-education camps” and release detainees immediately, unconditionally and without prejudice.

例)人権 守, Mamoru Jinken

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。