© private

新疆ウイグル自治区での大量収容と拷問を止めて!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. 新疆ウイグル自治区での大量収容と拷問を止めて!

2017年以来、中国政府は「テロや宗教的過激主義がはびこる土壌を取り除くことが目的」と称して、新疆ウイグル自治区に住むイスラム教徒を刑務所や「教育」センターという名の強制収容所で、不当に拘禁しています。これまでに強制収容所に連れて行かれた人は推計100万人。モスクに行った、お祈りをした、宗教的な服を着ていた、海外に住んでいたことがある、旅行したことがある、WhatsAppなど政府が禁止するアプリを携帯電話に入れていた――たったそれだけで、「疑わしい」「信頼できない」と見なして捕まえているのです。

強制収容所では入った瞬間から、「刑務所のような」環境の下、生活が厳しく統制管理され、肉体的・心理的な拷問や洗脳に相当するような「政治教育」を受けます。中国政府は彼らの文化や宗教、慣習を捨てさせ、中国当局が認可した非宗教的な考えと行動を植え付けようとしているのです。

「(授業の)目的は、私たちの宗教を破壊し、私たちを同化させることだと思います。金曜日の礼拝に行くことはできないと言われました。アッラーに感謝してはならない、どんなことでも習近平に感謝しなければならない、と」(元収容者)

中国政府に、強制収容所と刑務所に不当に拘束されているすべての人を直ちに釈放するよう要請してください!

もっと読む

中国当局は、当初この強制収容所の存在を否定していましたが、その後、自主的に参加する職業技能教育訓練センターであり、その目的は貧困や過激派の土壌をなくすためだと説明。「仕事を見つけて『役に立つ』市民となるために、技術教育や職業訓練を提供している」と主張しています。しかし、収容されていた人たちが語った実態は、殴られ、食べ物を与えられず、独房に監禁されるという、暴力と虐待と恐怖に満ちた場所でした。また、新疆で暮らす何百万人ものイスラム教徒の人たちは、たとえ収容所に入れられなかったとしても、厳しい監視にさらされています。自分たちの宗教や文化を大切にすることで迫害を受けるという恐怖におびえながら、暮らしているのです。

「2017年、組織を挙げた取り締まりが始まった。一緒に旅行した者は誰か、寝る場所はどこか、話した相手は誰か、誰かと交際しているかなどを調べ上げる。摘発対象となったら名前がリストに載り、政府のさまざまなレベルに行き渡る」(新疆の元役人)

アムネスティは新疆ウイグル自治区での人権侵害の実態を、20カ月以上にわたって調査しました。家族が行方不明になったり拘束されたりした人たち、強制収容所に拘束されていた人たちなど、100人以上に聞き取りを行い、それを基に報告書を発表。中国政府がウイグル人やカザフ人など、大多数がイスラム教徒である民族に対して、人道に対する罪に相当する身体の自由のはく奪、拷問、迫害を行っていることを糾弾しています。

これまでのところ、中国政府は、アムネスティを含む国際社会からの、独立した専門家による新疆への無制約の立ち入りを求める要請を拒否しています。代わりに、あらかじめ入念に準備した監視付きの視察に各国からの代表団を招待して、新疆を訪問させることで、批判を沈黙させようとしています。

中国政府は、国際的に犯罪と認められた行為をしたという信頼に足る十分な証拠がない限り、新疆のすべての強制収容所を直ちに閉鎖し、強制収容所や刑務所に拘禁されているすべての人を釈放しなければなりません。罪を犯した疑いがあるのならば、公正な裁判にかけられるべきです。

また、アムネスティの報告書に記載されている、人道に対する罪やその他の重大な人権侵害の疑いについて、効果的な独立調査が必要です。

 

期 間: 2021年7月2日〜9月10日 (予定)
要請先: 中華人民共和国国家主席:習近平、新疆ウイグル自治区中国共産党委員会書記:陳全国、新疆ウイグル自治区主席:ショホラト・ザキル

署名(名前のみ)はアムネスティ日本で取りまとめて国際事務局と共有し、世界中で集まった署名と一緒に要請先に提出します。駐日中国大使館にも提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • <下記の内容で要請します>

    国際的に犯罪と認められた行為をしたという信頼に足る十分な証拠がない限り、新疆の収容所と刑務所に拘束されているすべての人を、直ちに釈放せよ。

    釈放までの間、彼らの所在を明らかにし、彼らが家族と彼らの選んだ弁護士との面会を許可し、そして彼らが拷問その他の虐待を受けないようにせよ。
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    Immediately release all people detained in internment camps and in prisons in Xinjiang, unless there is sufficient, credible and admissible evidence that they have committed an internationally recognized offense. 

    Pending their release, disclose their whereabouts, allow them access to their family and a lawyer of their choice, and ensure they are not subjected to torture and other ill-treatment. 

例)人権守 (or) Mamoru Jinken

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご入力いただきました個人情報は、日本では「個人情報保護に関する基本方針」、国際事務局では、General Data Protection Regulation(EU一般データ保護規則)に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。