© Private

エジプト:不当に逮捕された人権調査員を救って!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. エジプト:不当に逮捕された人権調査員を救って!

カイロに住むイブラヒム・エズ・エルディンさんは現地人権NGOの調査員です。安全で手ごろな価格の家をすべてのエジプト市民が手にできるようにと、強制立ち退きの問題などに取り組んでいます。

2019年6月、イブラヒムさんは帰宅途中に治安部隊員に逮捕されました。以来、行方が分からなくなり、家族や弁護士が警察に問い合わせましたが、警察は連行も拘禁も否定していました。

失踪してから167日後の11月26日、国家の安全に関わる犯罪を捜査する特別な検察の前に引き出され、ようやく行方が判明しました。その姿は痩せ細って衰弱しており、イブラヒムさんは拘禁中に拷問を受けていると訴えました。

検察は彼を「テロリストグループの目的遂行に協力した」「国家の安全を脅かす偽の情報を発信した」という容疑で調べています。しかし、それを裏付ける証拠は何も提出していません。また、逮捕したのは取り調べの前日だと主張し、強制的に拉致・拘禁していたことを全面否定しています。イブラヒムさんの拘禁場所は、今も明らかにされていません。

エジプトの検察総長に対して、イブラヒム・エズ・エルディンさんを即座に無条件で釈放するよう要請してください。

もっと読む

強制失踪による弾圧

エジプトの市民社会は自分の意見を表現したり、平和的な集会に参加したりしたというだけで多くの人が逮捕されるという人権の危機に瀕しています。その対象は人権活動家やジャーナリスト、政治家だけではなく、サッカーファンやアーティストにまで及んでいます。政府に批判的な意見を述べる人は誰でもその対象になってしまう危険があるのです。

批判を封じ込めるために当局がよく使う手段が「強制失踪」です。

多くの人が秘密裏に逮捕されて行方が分からなくなっています。家族や弁護士と連絡を取ることもできず、司法の目の届かないところで、拘禁されているのです。失踪した人たちの多くはその後、合法的な活動を「テロ活動」だと見なされたり、「偽のニュースを拡散した」「SNSを悪用した」「禁止されているグループに所属した」などの容疑をかけられたりしています。

イブラヒムさんが所属する「権利と自由委員会(ECRF)」は、「強制失踪」の問題について精力的に取り組んでいます。ECRFは当局に目をつけられており、過去3年間に関係者が他に4人も逮捕されています。イブラヒムさんの前に逮捕されたECRFの弁護士は「テロ集団を助けた」という根拠のない容疑をかけられました。

期 間: 2020年2月12日~4月末日(予定)
要請先: エジプト検察総長

※要請先に、あなたの名前、メールアドレスを配信元として直接メールを送ります。万が一、ブロックなどでメールが届かなくなった場合は、アムネスティ日本で取りまとめ、署名(名前のみ)を要請先に提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • 検察総長殿

    人権活動家であるイブラヒム・エズ・エルディンさんの生命と安全について懸念します。

    2019年6月11日の夜、イブラヒムさんは徒歩で帰宅途中、平服を着た4人の治安部隊員に囲まれ、逮捕されました。イブラヒムさんの家族と弁護士が警察に彼の所在を尋ねましたが、警察は彼の拘束を否定しました。
    イブラヒムさんは失踪から167日が経った2019年11月26日に国家最高安全検察局の前に引き出されました。拘禁中に拷問を受けたそうです。

    数百人もの人がイブラヒムさんと同様に失踪しています。彼らは弁護士や家族との面会も認められず、司法の目も届かないところで、拷問や虐待のリスクに直面しながら、秘密裏に何カ月も拘禁されています。多くはただ単に平和的に自分の意見を述べたり、権力を批判したり、人権のために立ち上がっただけで逮捕されています。このような悪習は終わらせなければなりません。

    イブラヒム・エズ・エルディンさんが即座に無条件で釈放されることを求めます。釈放されるまでは家族や弁護士との面会を認め、拷問や虐待に遭わないようにしてください。また彼の強制失踪と拘禁中に受けた拷問について調査を行い、責任者が法の裁きを受けることを求めます。
  • Public Prosecutor Hamada al-Sawi

    Dear Sir,

    I am concerned for the life and safety of Human Rights researcher, Ibrahim Ezz El-Din.

    On the evening of 11 June 2019, Ibrahim was walking home when four security officers dressed in plain clothes surrounded him and arrested him.

    When Ibrahim’s family and lawyers asked where he was, police denied that he was ever detained.

    167 days later, on 26 November 2019, Ibrahim was brought before the Supreme State Security Prosecution, where he said he was tortured during his degrading time in detention.

    Hundreds like Ibrahim have been forcibly disappeared. They are held in secret detention for months, without ever being brought to trial and with no access to their lawyers or families and no external judicial oversight, where they at a higher risk of torture and mistreatment. Many have been arrested simply for expressing their opinions peacefully, criticising the authorities, or standing up for human rights. This pattern of abuse must end.

    I urge you to release Ibrahim Ezz El-Din immediately and unconditionally. Pending his release, ensure that he has access to his lawyers and family and that he is protected from torture and other ill-treatment. Open an investigation into Ibrahim’s enforced disappearance and the torture he has been subjected to and to bring all those responsible to justice.

    Sincerely,

追加メッセージ

追加メッセージとは?

例)Mamoru Jinken

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。