© Anund Knutsen CC (source image)

ハンガリー:トランスジェンダー差別の法律を廃止に!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. ハンガリー:トランスジェンダー差別の法律を廃止に!

トランスジェンダー(※1)やインターセックス(※2)の人たちにとって、性別の変更は自分らしく生きるために欠かせない手段です。ハンガリーではこれまで法的な性別変更が認められていましたが、その自由が奪われてしまいました。2020年5月19日、議会で性別の変更禁止を含む法案が可決され、28日には大統領が署名して成立したのです。

たとえば出生時の登録は「男」の人が自分は女性だと自認しても、公的な書類では「女性」と書けなくなってしまいます。

この差別的な法律を廃止する手段は、まだあります。ハンガリーの国内人権機関(※3)が憲法裁判所に訴えかけ、法律を審査するよう司法に介入してもらうことです。

この法律を白紙に戻すための司法介入を、ハンガリーの国内人権機関に要請してください!

もっと読む

#Drop33ムーブメント

今回ハンガリーで可決されたのは包括法で、その第33条が、生まれたときに性別を届け出ることを義務化し、登録された性別からの変更を認めないとしています。この第33条の撤回を求めて、#Drop33というハッシュタグで抗議の声が巻き起こりました。法案可決後も、この条項を白紙に戻そうと、ツイッターを使った抗議の波は世界中に広がっています。

(※1)トランスジェンダー
人は産まれたときの身体的な特徴によって「女の子」「男の子」といった性別を割り当てられます。その割り当てられた性別とは違う性別を自認していたり、割り当てられた性別にとらわれない生き方を選んでいたりしているのが、トランスジェンダーの人たちです。

(※2)インターセックス
女性や男性に典型的に見られる性別を表す特徴と異なる特徴を、生まれつきもっていることをインターセックスと呼びます。もしくは、染色体の構成が、男性や女性の典型とは異なっている場合もあります。これらの特徴は、出生時に見られるか、思春期、もしくはその後に現れることがあります。

(※3)国内人権機関
国際的にさまざまな人権条約・基準があり、こうした条約が有効に生かされているのか、きちんと各国で実施されているのかを監督していくために、自由権規約委員会や差別撤廃規約委員会など、人権条約機関というものがあります。一方で、国の内側から見ていこうというのが、国内人権機関(National Human Rights Institution)です。人権保障を推進する機関の総称で、人権侵害を調べ救済することが最も重要な役割です。

国内人権機関は、法律に基づく公的な機関です。国の組織として国の予算でつくられ、私人の人権侵害だけでなく、公権力による人権侵害も対象としています。日本にはまだありませんが、今では120カ国以上に国内人権機関があります。ハンガリーの国内人権機関の名称は「基本的人権委員会」です。

期 間: 2020年6月26日~7月10日
要請先: 基本的人権委員

※要請先に、あなたの名前、メールアドレスを配信元として直接メールを送ります。万が一、ブロックなどでメールが届かなくなった場合は、アムネスティ日本で取りまとめ、署名(名前のみ)を要請先に提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • 基本的人権委員殿

    私は、2020年5月19日に議会で採択され、5月28日に大統領によって署名された差別的な法律について要請します。その第33条が法的な性別変更を不可能にし、トランスジェンダーとインターセックスの人びとの人権を侵害しています。

    これらの規定は、国際人権法に基づくハンガリーの義務に違反しており、ハンガリー基本法第2条、第6条1項、および第15条(2)にも違反しています。また、この法律はトランスジェンダーやインターセックスの人びとの人権を侵害するだけでなく、さらなる差別を招き、トランスジェンダーやインターセックスの人びとに対する攻撃やヘイトクライムのリスクを高めることになります。

    人は、それぞれの性自認に基づき、迅速でアクセス可能で透明な手続きを通じて法的な性別変更を認められるべきです。さらに、トランスジェンダーやインターセックスの人びとが、それ自体が人権を侵害するような要件を求められることなく、自分の名前と性同一性を反映した公的文書を入手できるようにすることは、国の義務です。
    上記を踏まえ、第33条はハンガリーの基本法に明らかに違反しているため、憲法裁判所による見直しを直ちに要請するよう、求めます。
  • Dear Commissioner for Fundamental Rights,

    I am writing to you concerning discriminatory legislation that was adopted by Parliament on 19 May 2020 and signed into law by the President on 28 May and whose Article 33 bans legal gender recognition, violating the human rights of transgender and intersex people.

    These provisions are in breach of Hungary’s obligations under international human rights law and also violate Article II, VI (1) and XV (2) of the Fundamental Law of Hungary. Besides violating the human rights of transgender and intersex people, this law will lead to further discrimination and increase the risk of attacks and hate crimes against transgender and intersex people.

    Individuals should be able to obtain legal gender recognition through quick, accessible and transparent procedures on the basis of their self-declaration of gender identity. Furthermore, Hungary must ensure that transgender and intersex people can obtain documents by the State and other official institutions reflecting their name and gender identity without being required to satisfy criteria that in themselves violates their human rights.

    In light of the above, I am urging you to immediately request a review of the discriminatory legislation by the Constitutional Court, as its Article 33 is in clear breach of Hungary’s Fundamental Law.

    I appreciate your attention to this urgent matter.

    Yours sincerely,

追加メッセージ

追加メッセージとは?

例)Mamoru Jinken

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。