©Aleksandra Skochilenko

ロシア:反戦を訴えて逮捕 健康の危機にあるアーティストの釈放を!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. ロシア:反戦を訴えて逮捕 健康の危機にあるアーティストの釈放を!

ロシア西部の都市サンクトペテルブルクを拠点に活動する人気アーティストのアレクサンドラ・スコチレンコさんは、ウクライナ侵攻に抗議したために4月11日に逮捕されました。地元スーパーの値札をマリウポリでの芸術学校や劇場への空爆などに関する情報に差し替えて反戦を訴えたことで、「ロシア軍に関する虚偽情報を故意に広めた罪」に問われたのです。有罪となれば、最高10年の刑を受ける恐れがあります。

アレクサンドラさんは逮捕から拘束され続けており、健康状態の悪化が報告されています。小麦などに含まれるグルテンを受けつけない病気を持っているにもかかわらず、適切な食事や医療が受けられていないのです。

ウクライナ侵攻を正当化しようと躍起になっているロシア政府は、不都合な言論を徹底的に弾圧しています。新しい法律や命令を導入して、政府や戦争を批判する人たちを罰しているのです。

アレクサンドラさんに適切な食事と治療を提供するとともに、起訴の取り下げと釈放を求め、サンクトペテルブルクの検察官に要請してください。

期 間: 2022年7月4日~2023年1月末日(予定)
要請先: サンクトペテルブルクの検察官 Melnik Viktor Dmitrievich

※署名(名前のみ)はアムネスティ日本でとりまとめ、ロシア大使館を通して要請先に提出します。

もっと読む

アレクサンドラさんはロシアでは著名なアーティストです。作詞作曲から、コンサートの開催、マンガやアニメの創作まで、幅広く活動しています。著書である『うつに関する本(Book About Depression)』はさまざまな言語に翻訳され、国内外で絶大な人気を得ています。彼女はアートを通じて精神的な病に対する差別や偏見を改善することに大きく貢献し、こうした病で苦しむ多くの人たちの支えとなってきました。

そんな彼女は、ウクライナでの戦争反対の意思表示が厳しく制限され、公の場での反戦発言には身の危険が伴う今のロシアで、3月31日、反戦行動を起こしました。スーパーにある商品の値札をすり替えてウクライナで何が起こっているかを訴えたのです。そしてその行為が罪に問われ、4月11日に逮捕されてしまいます。取り調べは翌朝3時まで続き、以来、ずっと拘束されています。

アレクサンドラさんは、小麦などに含まれるグルテンを受けつけないセリアック病(遺伝的グルテン不耐症)を患っています。この病気はグルテンが含まれる食物を口にすると栄養吸収不良が起こり、人によってさまざまな症状を発症することがあります。そのため食事をグルテンフリーにすることが必須なのですが、拘置所ではそうした食事が1日最低1食しか出されず、特別食の差し入れも制限されています。また彼女には、放置するとがん化の危険性のある腫瘍があるにもかかわらず、適切な医療も受けられていません。

こうした状況で拘束され続けていることで、アレクサンドラさんの健康状態は悪化しています。

アクションに参加しよう
  • アレクサンドラ・スコチレンコさんを「ロシア軍に関する虚偽情報を故意に広める行為」(刑法第207条第3項)の容疑で起訴することを取り下げるよう強く要請します。

    サンクトペテルブルクのスーパーマーケットで値札を反戦スローガンにすり替えた彼女の行為が罪に問われていますが、これは国際的に認知された犯罪には該当しません。彼女は、4月11日に逮捕され、翌朝3時まで取り調べを受けました。深刻な疾患を持つ彼女を適切な食事や医療が受けられない拘置所に置くことは、彼女の健康を危険にさらすことになります。

    サンクトペテルブルク出身のアーティストである彼女は、精神疾患に関する活動で国際的に有名で、精神疾患で苦しむロシア内外の多くの人びとの支えになってきました。

    私は、以下を強く求めます。
    ・直ちに起訴を取り下げ彼女を釈放する。
    ・釈放するまでは、国際基準に沿った健康状態の維持と対応を保障し、必要な医療と食事を提供する。
  • I am writing to urge you to stop the prosecution of Aleksandra Skochilenko under charges of “disseminating knowingly false information about the use of the Russian Armed Forces” (Article 207.3 of the Criminal Code). She is accused of swapping price tags in a St. Petersburg supermarket for anti-war slogans, which does not constitute an internationally recognized crime.

    She was arrested on 11 April and interrogated until 3am the next morning. Aleksandra Skochilenko has a serious health condition, and placing her in pre-trial detention, where she would not be getting the appropriate diet or medical care, puts her health and wellbeing at serious risk.

    Aleksandra Skochilenko is a songwriter and artist from Saint Petersburg. She is internationally famous for her work on destigmatizing mental illnesses that has helped many people inside and outside Russia.

    In light of the above, I urge you to:

    ・ Immediately drop the criminal case against Aleksandra Skochilenko and release her;

    ・ Pending that, ensure that Aleksandra Skochilenko's conditions and treatment meet international standards and that she has access to adequate health care and appropriate food at the same standards that are available in the community.

例)Mamoru Jinken, 人権 守

※後日、アムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

署名の提出先必須

署名(名前のみ)はアムネスティ日本でとりまとめ、ロシア大使館を通してサンクトペテルブルクの検察官に提出します。

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。