デジタル監視で標的に!投獄された人権活動家に自由を

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. デジタル監視で標的に!投獄された人権活動家に自由を

人権のために活動する人たちを容赦なく弾圧するアラブ首長国連邦(UAE)政府は、デジタル監視技術を秘密裏に駆使して、彼らを監視しています。

同国の人権状況についてブログやSNSを通じて発信してきた著名な活動家アフメド・マンスールさんも、その標的となった一人です。

2017年3月、12人の捜査員が深夜に突然、自宅に押し入り、マンスールさんは逮捕されてしまいます。「SNSを利用して虚偽の情報を流し国の名誉を傷つけた」などの罪に問われ、翌年5月、禁錮10年と100万UAEディルハム(約2,700万円)の罰金、釈放後3年間の監視という判決を受けました。

マンスールさんは逮捕以来3年以上も独房に入れられ、家族との面会が許されたのは片手で数えるほどしかありません。刑務所の中庭に出て外の空気を吸えたことすら、たった一度しかありません。

マンスールさんは人権のために声を上げたために、投獄されているのです。UAE当局にマンスールさんの有罪判決を破棄し、直ちに無条件で釈放するよう要請してください。

もっと読む

マンスールさんが不当に投獄されたのは、今回が初めてではありません。

2011年、UAE政府は前例のない弾圧に乗り出し、100人以上の人権活動家が逮捕・起訴されましたが、マンスールさんはその一人でした。

国連の働き掛けもあり、マンスールさんは釈放されましたが、脅迫や嫌がらせが続きました。大学で襲撃され、勉学の断念を余儀なくされました。パスポートを没収されていたため、2015年に人権のノーベル賞とも言われる「マーティン・エナルズ賞」を受賞したときは、授賞式に出席できませんでした。銀行口座から多額の預金が盗まれたり、車が盗まれたりもしています。マンスールさんは数々の襲撃や脅迫、嫌がらせについて被害届を出しましたが、いずれも犯人は捕まらず、調査の進展について何も知らされていません。

人権活動家を追い詰めるデジタル監視システム

2019年、元米国家安全保障局(NSA)の工作員が、UAE政府に雇われて大規模なデジタル監視プログラムを開発していたことを、ロイター通信に暴露しました。プログラムは「テロリスト」の監視が目的とされていましたが、実際にはジャーナリストや人権活動家などを標的としていました。ロイターの記事によると、マンスールさんもこのプログラムの標的とされ、マンスールさんのパソコンから盗まれた情報はサイバーセキュリティを扱う省庁の係官に送られたと報じられています。

透明性を高める必要性が繰り返し叫ばれているにもかかわらず、監視産業に対する規制は緩く、法的な監督機関がありません。人権侵害が頻発する国に対しても企業は自由にデジタル技術を売りつけることが可能です。そして、こうした技術は人権活動家を監視・追跡するのに使われているのです。

イスラエルの企業が開発したペガサスというスパイウェアは政府にしか販売されていませんが、世界中で広く使われているメッセージングアプリ、WhatsAppに仕込まれ、全世界で少なくとも100人以上の人権活動家の監視に使われていました。その中にはジャーナリストや国会議員、アムネスティの職員、またトルコのサウジアラビア総領事館で殺害されたジャマル・カショギさんも含まれていました。

マンスールさんのスマホには、ペガサスがインストールされるリンクが埋め込まれたショートメッセージが何度も届いていました。その他にも、マンスールさんのパソコンやスマホは繰り返し標的にされており、異なるスパイウェアが気づかないうちにインストールされるような罠を何度も仕掛けられていたことが判明しています。

期 間: 2020年9月2日~12月末まで
要請先: アラブ首長国連邦大統領
アラブ首長国連邦副大統領兼首相

※要請先に、あなたの名前、メールアドレスを配信元として直接メールを送ります。万が一、ブロックなどでメールが届かなくなった場合は、アムネスティ日本で取りまとめ、署名(名前のみ)を要請先に提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • 2017年3月20日に逮捕され、2018年5月29日に10年の実刑判決を受けた人権活動家、アフメド・マンスールさんについての重大な懸念を表します。

    マンスールさんは人権擁護活動を通して、平和的に表現や集会の自由に対する権利を行使しただけで拘束されている良心の囚人です。マンスールさんの有罪判決を破棄し、直ちに無条件で釈放することを要請します。

    また不当に拘束されている間、拘束状況が国際的に定められている基準に準拠すること、拷問や不当な扱いを受けないこと、定期的に家族との面会が許可されること、必要な医療が受けられることも要請します。

    さらにマンスールさんが受けた拷問や不当な扱いについて早急に第三者による調査が実施され、責任者が責任を問われること、マンスールさんが不法な監視の標的にされたことについても調査を行い、責任の所在を明らかにし、不正が正されることも併せて要請いたします。
  • Your Highness,

    I am writing this to express my grave concern on a human rights defender Ahmed Mansoor, who was arrested on 20 March 2017 and sentenced to 10 years’ imprisonment on 29 May 2018.

    I urge you to quash Ahmed Mansoor’s conviction and sentence and release him immediately and unconditionally, as he is a prisoner of conscience detained solely for peacefully exercising his rights to freedom of expression and association, including through his human rights work.

    Pending his release, I call on you to ensure that he is detained in conditions that comply with international standards, that he is not subjected to torture and other ill-treatment; and has immediate and regular access to his family and any health care he may require.

    I should also urge you to promptly undertake an effective, independent investigation into his allegations of torture and other ill-treatment and bring those suspected of responsibility to justice, undertake an investigation into Ahmed Mansoor’s unlawful targeted surveillance, in order to get accountability and redress for him.

追加メッセージ

追加メッセージとは?

例)Mamoru Jinken

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。