© Star Tribune via Getty Images

米国警察の人種差別・暴力をなくそう!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. 米国警察の人種差別・暴力をなくそう!

2020年5月25日、米国で46歳の黒人男性ジョージ・フロイドさんが、警官に首を押さえつけられて死亡しました。殺害後、警察の人種差別に抗議し責任追及を求める大規模な運動が巻き起こりました。その動きは米国にとどまらず世界中に広がり、今も続いています。日本でも抗議デモが行われています。

米国でのデモの参加者は、実力行使でデモを排除しようとする警察から過度な暴力をたびたび受けています。ゴム弾を打ち込まれ、催涙ガスや唐辛子スプレーを浴びせられ、失明した人までいました。

「警官に突然、唐辛子スプレーを吹きかけられました。みんな手を上げて抵抗しない意思表示をしましたが、それでもやめてくれず、咳が止まりませんでした」 ―リジー・ホーンさん (デモの参加者)

警察は、人種差別をなくし、過度な暴力をやめ、平和的な集会の自由、表現の自由を尊重しなければなりません。

米国当局に、警察改革の包括法案を導入するよう要請してください。

もっと読む

人種差別に対して平和的な運動を行っている人たちに対する警察の過度の暴力は、全国で起きています。

ジョージ・フロイドさんの死を招いたミネアポリス市警察と同市があるミネソタ州兵の合同パトロール隊員が、自宅の前に立っている人たちを硬質プラスチック弾で撃ちました。夜間外出禁止令の時間帯に外にいた、警察・州兵をスマートフォンで撮影したというだけで彼らを撃ったのです。アイオワ州アイオワシティーでは、抗議者がひざまずいて「手を上げているよ! 撃つな!」と声を上げたにもかかわらず、警察が催涙ガス弾と閃光弾を投げました。ユタ州ソルトレークシティーで行われたデモでも、警察はホームレスの男性を押さえつけ、硬質プラスチック弾で彼の背中を撃ちました。インディアナ州フォートウェインでは、警察に催涙ガス弾を撃たれた記者が失明しました。このような例は枚挙にいとまがありません。

ジョージ・フロイドさんの死の様子、そして平和的に抗議を行っている人たちに対する弾圧の様子を捉えた動画が拡散されていますが、こうした映像を見れば米国の警察による過度の暴力がいかに非情なものか、どれほど広範囲に及んでいるかが、わかります。アムネスティは、米国の警察における人種差別的な慣行と人権侵害をなくすために、警察改革が実施されるよう求めます。2020年6月16日に出された警察改革に関するトランプ大統領の行政命令は、決して十分ではありません。

米国は、武力行使に関する基準を設定し、警官による人権侵害が起きた場合の責任を追及するために、警察の方針だけでなく、命にかかわる力の行使を法的に制限する強力な国家基準を必要としています。警察は、市民が法の下で平等に保護され、差別されずに安全でいられるよう、そして何よりも、警官と関わったために殺されることのないよう、市民の人権を尊重しなければなりません。

期 間: 2020年7月21日~8月末日
要請先: (米国)ウィリアム・バー司法長官、ナンシー・ペロシ下院議長、ミッチ・マコネル上院多数派指導者、ドナルド・トランプ大統領

※署名(名前のみ)はアムネスティ日本で取りまとめ、アムネスティ米国支部を通じて要請先に提出します。また米国大使館にも提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    ジョージ・フロイドさんの死と平和的に抗議を行っている人たちに対する非情な弾圧の映像は、米国の警察による過度の武力行使がどれほど広範囲に及んでいるかを示しています。人種差別的な慣行と人権侵害をなくすために、米国で警察改革が確実に実施されるよう、要求します。

    米国の警察は、少数民族、特に黒人に対して、驚くほど頻繁に人権侵害を行っています。そのために、米国の多くの黒人家族は、警察と関わった場合に、いかに生き延びるかを子どもたちに教えています。

    ジョージ・フロイドさんの殺害から数週間の間に、アムネスティ・インターナショナルは、米国全土の警察が平和的集会の権利を尊重し促進する米国法と国際法に基づく義務を怠り、緊迫した状況を悪化させ、抗議者の命を危険にさらしていることを確認しました。あらゆる都市で、不必要あるいは過度の武力行使に相当するような行動が目撃されました。

    2020年6月16日に出された警察改革に関するトランプ大統領の行政命令は決して十分ではありません。

    米国は、武力行使に関する基準を設定し、警官による人権侵害が起きた場合の責任追及のために、警察の方針だけでなく、命にかかわる力の使用を法的に制限する強力な国家基準を必要としています。警察は、法の下の平等、差別されない権利、安全でいる権利など、市民の人権を尊重しなければなりません。警察が市民の生きる権利を奪うなどあってはならないのです。
  • <下記のメッセージを要請先に提出します>

    The footage of George Floyd’s death and the brutal crackdown on peaceful protesters demonstrates how widespread is the use of excessive force by the police in the USA. I call on you to use your authority to ensure that the USA will implement systemic policing reforms to end racist practices and stop human rights violations.

    Police in the USA commit human rights violations at a shockingly frequent rate, particularly against racial and ethnic minorities, and especially Black people. Black families in the USA continue to have to prepare their children on how to survive an interaction with police and say the names of their loved ones that did not make it home.

    In the weeks since George Floyd’s killing, Amnesty International has verified that police across the USA are failing their obligations under US and international law to respect and facilitate the right to peaceful assembly, exacerbating a tense situation and endangering the lives of protesters. In city after city, we have witnessed actions that appear to constitute unnecessary or excessive use of force.

    President Trump’s Executive Order on policing, issued on 16 June 2020, only amounts to a band-aid for a bullet wound. Half-measures are inadequate when this moment is calling for transformational change of policing.

    The United States needs much stronger national standards to provide parameters on the use of force and restrict the use of deadly force in law, not just a police department’s policy, to ensure accountability when these boundaries are breached by law enforcement officers. Law enforcement officers must respect people’s human rights, including the right to equal protection of the law, freedom from discrimination, the right to be safe, and most importantly, the right to survive an interaction with law enforcement officers.

    The death of George Floyd has changed the world, and all eyes are on the USA. It is time to implement meaningful change.

    Sincerely,

例)Mamoru Jinken

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。