© Faozee Lateh, Kan Sangtong

生死を分けるワクチン格差に終止符を!

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. オンラインアクション
  4. 生死を分けるワクチン格差に終止符を!

有効な新型コロナウイルス感染症ワクチンが急速に開発されたことは、不安と恐怖におののく世界に希望を与えました。しかし、高所得国の人びとへのワクチン接種は大きく進展しましたが、貧しい国々では医療体制が崩壊する瀬戸際に追い込まれ、死なずにすんだはずの数万人が毎週のように命を落としています。

これまでに接種されたワクチンのうち、低所得国に渡ったのは1パーセント未満。一方で、高所得・高中所得国は約80パーセントを手にしています。

この格差を助長しているのが、ワクチンを開発・製造しているファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど一握りの企業の行動です。価格設定の高い裕福な国々に優先的に供給しているだけではありません。開発には多額の公費が投入されたにもかかわらず、知的財産権を独占し、ノウハウ・技術の共有を拒み、世界規模での生産拡大を阻んでいるのです。

その一方で、ビオンテック、ファイザー、モデルナの新型コロナワクチン販売による収益は、3社合わせて2022年末までに1,300億米ドル(約14.8兆円)以上となる見通しです。企業の利益が命に優先されることなど、あってはなりません。

世界保健機構(WHO)は低所得・低中所得国の40%の人たちが2021年末までにワクチン接種を終わらせることを目標にしています。しかし、現状は10%にも届いておらず、目標を達成するには、さらに20億回分のワクチンが必要です。その実現は製薬会社にかかっています。製薬会社は何百万人もの命運を握っているのです。

無駄にする時間はありません。裕福な国々に供給が偏っているファイザー、ビオンテック、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンに呼びかけ、ワクチンの不公平を終わらせるために行動するよう要請してください!

もっと読む

これまでのところ、ワクチン企業の低所得・低中所得国向けの供給は非常に低いレベルに留まっています。ファイザーとビオンテックは、低所得国には生産量の1%未満しか供給しておらず、一方でスウェーデン向けには、その9倍量のワクチンを供給しています。モデルナは、低所得国にまったく供給していません。世界で唯一の単回投与ワクチンを開発したジョンソン・エンド・ジョンソンは、価格は原価で販売していますが、国際調達・配布の枠組みCOVAXへの納入はほとんどが2022年に入ってからです。 

製薬会社は、他のすべての企業と同様に、どこで事業を行っていても、人権を尊重する責任があります。これは、国連の「ビジネスと人権」に関する指導原則およびOECDの多国籍企業ガイドラインに定められているように、期待されるべき行動として広く認識されている基準です。新型コロナワクチンをめぐる企業の責任は、「ワクチンをすべての人が利用できるようにすること」です。そのために各社は、これまでの方針を一転させて低所得・低中所得国への供給を進めるとともに、世界規模での生産拡大のために知的財産権の壁を取り除き、知識・技術を共有しなければなりません。

WHOなどの国際機関が主導して、ワクチンの公平な分配に向け、下記のような枠組みを立ち上げましたが、期待したほどの成果は上がっていません。

  • COVAXファシリティ:所得レベルに関係なく、参加国に利用可能な容量を割り当てる国際調達・配布の枠組み。2021年末までに20億回分の確保を目指していましたが、9月初旬までに出荷されたのは2億4,300万回分だけでした。
  • C-TAP(新型コロナウイルス・テクノロジー・アクセス・プール):知的財産、データ、製造過程を共有財にすることで、他のメーカーに生産をライセンス供与し、技術移転を促進するための枠組み。現在まで、C-TAPを通じて特許やノウハウを共有しているワクチンメーカーは1社もありません。
  • 技術移転拠点  2021年4月、WHOは、mRNAワクチン技術移転を促す拠点を設立し、低所得・低中所得国のメーカーに適切な研修を行うことを表明。6月には最初の拠点を南アフリカに設立すると発表しました。

公正で迅速なワクチン展開を実現するために、ワクチン開発企業はこうした枠組みを活用すべきです。

 

期 間: 2021年10月22日〜12月末日
要請先: ワクチン開発・製造会社(ファイザー、ビオンテック、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン)

※要請先に、あなたの名前、メールアドレスを配信元として直接メールを送ります。万が一、ブロックなどでメールが届かなくなった場合は、アムネスティ日本で取りまとめ、署名(名前のみ)を要請先に提出します。
※後日、メール、お電話にてアムネスティ日本から活動紹介のご連絡を差し上げる場合がございます。

アクションに参加しよう
  • ファイザー、ビオンテック、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン 御中

    2020年の有効な新型コロナウイルス感染症ワクチンの迅速な開発は目覚ましい成果であり、この致命的なパンデミックの最も暗かった時の世界に希望を与えました。

    しかし、2021年に話を進めると、世界はあきれるほどのワクチンの不平等に直面しています。ワクチン接種率の高い豊かな国では死亡率が大幅に低下していますが、貧しい国では毎週何万人もの人々が亡くなっています。

    世界保健機関は、2021年末までに低所得・低中所得国の40%にワクチン接種を行うという目標を設定していますが、軌道に乗っていません。この目標を達成し、数百万人の命を救うためには、年末までに少なくとも20億回分のワクチンをこれらの国に届ける必要があります。これには、国と企業両方において、実践での劇的な変化が必要です。

    国は現在蓄えている何億もの余剰量を再分配しなければなりませんが、WHOの目標を達成するには、企業からの緊急行動も必要です。そのため、次のことを申し入れます。

    ・COVAXとアフリカ連合への供給予定を前倒しすることを含め、2021年の残りの期間およびそれ以降を通して、すべてのワクチン供給の50%が低所得・低中所得国に確実に送られるようにする。

    ・知的財産、情報、技術をC-TAPやmRNAワクチン技術移転拠点などのWHO主導の枠組みと共有するとともに、優秀なメーカーとも直接共有して、今後数カ月および数年のうちにすべて国でワクチンを利用できるようにする。

    これは慈善行為ではありません。すべての企業には人権の責任があり、製薬会社は命を救う製品への公正なアクセスを確保しなければなりません。あなた方にはこのパンデミックを終わらせるための力があります。今がその力を発揮すべき時です。
  • Dear BioNTech, Johnson & Johnson, Moderna and Pfizer,

    The rapid development of effective Covid-19 vaccines in 2020 was a remarkable achievement and gave hope to the world in the darkest days of this deadly pandemic.

    But fast forward to 2021, and the world is confronted with scandalous levels of vaccine inequality. While rich countries with high vaccination rates have slashed their death rates, tens of thousands of people in poorer countries continue to die every week.

    The World Health Organization has set a target of vaccinating 40% of people low and lower-middle income countries by the end of 2021, but we are far off track. To achieve this goal, and save millions of lives, at least two billion vaccine doses must be delivered to these countries before the end of the year. This will require a dramatic shift in practice from both states and companies alike.

    While states must redistribute the hundreds of millions of surplus doses they currently hoard, meeting WHO’s target requires urgent action from companies too. As such, we call on you to :

    ・Ensure that 50% of all vaccine deliveries go to low and lower-middle income countries throughout the rest of 2021 and beyond, including by bringing forward your commitments to COVAX and the African Union.

    ・Share intellectual property, knowledge and technology with WHO initiatives such as C-TAP and the mRNA vaccine technology transfer hubs, and directly with qualified manufacturers, to ensure vaccines are available to all countries in the months and years to come.

    This is not an act of charity. All companies have human rights responsibilities, and pharmaceutical companies must ensure fair access to life-saving products. You have the power to help end this pandemic, and the time to do so is now.

追加メッセージ

追加メッセージとは?

例)Mamoru Jinken

例:0322223333(ハイフンなし)

個人情報保護方針必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。