4/11

(日)

  • 要事前申込
デジタル監視と人権侵害~あなたの個人情報はどう使われるのか〜

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. デジタル監視と人権侵害~あなたの個人情報はどう使われるのか〜

event_20210411.jpgイラスト ©Sebastien Thibault/agoodson.com

昨年10月に開催し、大きな反響をいただいたセミナー「日常生活に入り込むデジタル監視~あなたのケータイも見られている!~」に続く第2弾。今回は、市民のデジタル上の個人情報が、国の行政機関などによって、どのように悪用される危険性があるのかについて、再び小笠原みどりさんにお話を伺います。

日本ではデジタル庁の新設やマイナンバーカードの活用拡大が政権によって強力に推し進められています。また新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために導入されたアプリやオンライン会議システムはコロナ禍の社会ですっかり身近なものとなりました。FacebookやInstagram、TwitterなどのソーシャルネットワークやLINEやMessengerなどのメッセージングアプリ、通販やキャッシュレスなど「便利」で「楽しい」ツールを使う人も年々増えています。

しかし、デジタル上にある私たちの膨大な個人情報は安全なのでしょうか。
それが悪用される危険はないのでしょうか。

このイベントでは、実際に起こった事例を検証しながら、どのような個人情報がどのように悪用され、人権侵害が引き起こされたのかを見ていきます。また、人権侵害が引き起こされないように、社会にはどのような仕組みが必要なのか、個人でできることは何か、一緒に考えてみませんか。

日時

2021年4月11日(日) 12:00~13:30

配信方法

YouTubeにてライブストリーミング配信
視聴URLを記載した自動返信メールをお申込みいただいたメールアドレス宛にお送りします。お申し込み後、30分以内に自動返信メールが届かない方、また事前にお申込みをしたのに視聴URLが届いていない方はcamp@amnesty.or.jpまでお問い合わせください。直前のお問い合わせには対応できない場合がございますので、できる限り前日までにお申し込みください。

参加費

無料

ゲストスピーカー:小笠原みどりさん

小笠原みどりさん

ジャーナリスト、社会学者。横浜市生まれ。朝日新聞記者(1994-2004年)として盗聴法、住民基本台帳ネットワーク、監視カメラなど、個人情報をめぐる調査報道を開始。2005年にフルブライト・ジャーナリスト奨学金により米スタンフォード大学でデジタル監視技術を研究。2016年、米国家安全保障局による世界監視システムを告発したエドワード・スノーデンに日本人ジャーナリストとして初のインタビュー。2018年、カナダ・クイーンズ大学で近代日本の国民識別システムについての論文により社会学博士号を取得。オタワ大学特別研究員を経て、2021年よりビクトリア大学教員(ブリティッシュ・コロンビア州)。著書に『スノーデン、監視社会の恐怖を語る』『スノーデン・ファイル徹底検証』(共に毎日新聞出版)など。朝日新聞GLOBE+で「データと監視と私」を連載中。(写真:Photo by Greg Black, by courtesy of Queen's University in Kingston, Canada)   

お申し込み

下記のフォームよりお申し込みください。今回のイベントでは視聴者の皆さまからのご質問に回答する時間を多めにとる予定です。ご質問や期待する内容についてご意見をお寄せください。
※すべてのご質問にお答えできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。