English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. 世界死刑廃止デー

世界死刑廃止デー

2005年10月11日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:
トピック:死刑廃止
アムネスティ・インターナショナルは本日、2005年世界死刑廃止デーに際し
て、すべてのアフリカ諸国に対し、死刑の廃止を求める。

世界死刑廃止デーを機に、世界の多くの国の人びとが、アフリカ大陸における死刑に反対するための行動を起こす。アフリカからはベナン、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、マリ、モロッコ、シエラレオネ、南アフリカ、ウガンダ、またその他の地域からはオーストリア、フランス、ドイツ、香港、インド、イタリア、日本、ノルウェー、プエルトリコ、スペイン、スウェーデン、スイス、米国が、この日のために、デモ、署名、コンサート、テレビ討論などを行なう。世界中から集められた署名は、後日、アフリカ国の首脳に提出される。

今年の10月10日の世界死刑廃止デーでは、死刑廃止に向かう大陸・アフリカに焦点が当てられた。多くの人権侵害が起こっているにもかかわらず、近年アフリカには、死刑廃止へと向かう潮流がある。セネガルは2004年12月に、リベリアは2005年9月に死刑を全面的に廃止した。アフリカ53カ国のうち13カ国が死刑を永久に廃止している。また20カ国がもはや死刑を執行して
いない。アフリカの過半数の国ぐにが、死刑という残虐、非人道的かつ品位を傷つける刑罰を放棄しているのである。

アムネスティは、最近ではセネガルとリベリアが死刑を全面的に廃止したことを歓迎する。また、ナイジェリアのオバサンジョ大統領が主導する、死刑についての全国研究会の報告書(2004年10月発表)の内容を歓迎する。この報告書では、司法制度が公正な裁判と適正な手続を保障できるようになるまで死刑の執行を停止するよう勧告している。

その他の歓迎すべき動きとして、ケニアのムワイ・キベキ大統領の声明がある。同大統領は2005年3月、国連人権委員会において、ケニアは「死刑を廃止する」と発表し、当局が「すべての死刑を終身刑に減軽している」段階であると述べた。さらにウガンダの憲法裁判所では先日、特定の犯罪に死刑を絶対刑として適用することをやめるよう裁定したことも歓迎する。ベナンとモロッコは死刑の執行を停止している。モロッコでは、死刑廃止が法改正論議の議題の一つであり、ベナンでは今月、刑法改正法案の国会審議が行なわれる。アムネスティはベナン政府に対し、死刑を除外する規定を法案に盛り込むよう求める。

死刑廃止に向かう進展がある一方、しなければならないこともまだ多い。1997年以降、コンゴ民主共和国だけでも、子ども犯罪者を含めて少なくとも200人が処刑された。そのほとんどが、公正な裁判の基準を満たさない裁判によるものであった。同国では1999年に導入された死刑の執行停止が2002年に解除された。

2005年7月、スーダンは子ども犯罪者を処刑する規定を盛り込んだ暫定憲法を採択した。マリでは執行停止が2004年に失効しているが、まだ更新されておらず、死刑判決が続いている。

死刑廃止デー行動は世界死刑廃止連盟(WCADP)が行なうものであるが、この連盟にはアムネスティ・インターナショナル、弁護士会、労働組合、地方・地域の当局など38を越える団体が参加し、世界から死刑をなくすために力を合わせている。

死刑廃止デーの後には、11月30日の「死刑に反対する都市」のイベントが続く。このイベントでは毎年、生命の尊さを確認し死刑に反対する都市のしるしとして、世界中の市や町でその市や町を代表するシンボルとなる公共の建物などの場所をライトアップする。世界死刑廃止連盟(WCADP)が後援し、ローマに本部がある聖エジディオ共同体が主催する。

AI Index: ACT 50/017/2005
2005年10月10日

-----------------------------------------------
アフリカの死刑に関する統計(2005年10月10日現在)
-----------------------------------------------
AI Index: ACT 50/016/2005
2005年10月10日

2005年9月、リベリアが市民的および政治的権利に対する国際規約の第二選択議定書(死刑廃止条約)を批准した。この議定書は死刑の全面廃止を規定するものである。リベリアの死刑廃止により、アフリカにおける死刑の全面廃止国は13カ国となった。死刑を存置しているが執行していない国が20カ国、死刑を存置し執行している国が20カ国となっている。存置国・廃止国は
以下の通りである。

死刑の全面廃止国
アンゴラ
カボベルデ
コートジボワール
ジブチ
ギニアビサウ
リベリア
モーリシャス
モザンビーク
ナミビア
サントメ・プリンシペ
セネガル
セイシェル
南アフリカ

死刑を存置しているが執行していない国
アルジェリア
ベナン
ブルキナファソ
中央アフリカ共和国
コンゴ共和国
エリトリア
ガンビア
ガーナ
ケニア
マダガスカル
マラウィ
マリ
モーリタニア
モロッコ
ニジェール
スワジランド
タンザニア
トーゴ
チュニジア
ザンビア

死刑を存置し執行している国
ボツワナ
ブルンジ
カメルーン
チャド
コモロ連合
コンゴ民主共和国
エジプト
赤道ギニア
エチオピア
ガボン
ギニア
レソト
リビア
ナイジェリア
ルワンダ
シエラレオネ
ソマリア
スーダン
ウガンダ
ジンバブエ


 

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ