English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. グーグルのドラゴンフライ棚上げ報道を歓迎

グーグルのドラゴンフライ棚上げ報道を歓迎

2018年12月28日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:
トピック:

報道によると、グーグルは、中国向け検索アプリの開発プロジェクト「ドラゴンフライ」を一旦、停止するという。背景には、人権団体や身内のグーグル社員から激しい非難を浴びていたことがあるとされている。

この報道が正しければ、アムネスティは、Googleの決断を大いに歓迎する。

もし、この検索エンジンが中国に導入されるならば、同社が人権面で大きく後退することを意味する。もっとも、報道では、計画棚上げの理由は、人権への配慮ではなく、社内手続上の問題だという。

アムネスティはGoogleに対して、勝手な憶測を排するためにも、プロジェクトの中止を自ら発表することを求める。

アムネスティ国際ニュース
2018年12月17日

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ