English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. スーダン: スーダンの活動家ら 「不謹慎行為」が無罪に

スーダン:
スーダンの活動家ら 「不謹慎行為」が無罪に

最新情報:
2013年12月13日 (stop情報)
国名:
スーダン
対象者:
ナジラ・モハメド・アリ(女性)、アミン・セナダ(男性)
期限:
2014年1月13日
配信日:
2013年12月13日
UA No:
309/2013

ナジラ・モハメド・アリさんとアミン・セナダさんに対する起訴が12月2日、取り下げられた。

2人の活動家は「不謹慎な行為」のために、禁固刑または鞭打ちの刑にあう可能性があった。しかし、12月4日、ポートスーダンの法廷で2人は起訴が取り下げられたことを知った。証拠が不十分であり、警察の証言が矛盾していると裁定されたためである。

弁護士で人権活動家のアリさんと活動家のセナダさんは10月21日、ポートスーダンで車で移動中、警察と治安部隊に急襲され、逮捕された。警察はセナダさんがアリさんの肩に手を載せていたことを非難し、二人に治安局に行くよう命令し、拒絶した場合は「力づくで」と脅した。さらに治安局では警察と治安部隊員が、この2人の活動家が車の中でキスをしていたと主張した。

2人は、スーダンの1991年の刑法152条「不謹慎な行為」の容疑(最大40回の鞭打ちの刑)をかけられた。

アムネスティ・インターナショナルは、2人に対する容疑が晴れたことを歓迎する。

この容疑は、アリさんが9月の全国的なデモに参加したことなど、彼女の政治活動と関係があったとアムネスティは見ており、そもそも政治活動で罪を問われてはならない。

アピールを送付下さった方々へお礼申し上げます。UAアクションはこれで終了です。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ