English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 中国: 劉霞さんが治療を受けられるようになった。

中国:
劉霞さんが治療を受けられるようになった。

最新情報:
2014年3月29日 (stop情報)
更新履歴:
2014年2月26日
国名:
中国
対象者:
劉霞(女性)
期限:
2014年4月29日
配信日:
2014年3月29日
UA No:
030/2014

獄中にあるノーベル平和賞受賞者の劉暁波(Liu Xiaobo)さんの妻、劉霞(Liu Xia 53歳)さんは、医師の診察と治療を受けられるようになった。健康状態は快方に向かっている。劉霞さんは、1月に心臓発作を発症した後、必要な治療を受けることを拒まれていた。現在も北京での違法な自宅軟禁状態は続いている。

劉霞さんは、最近になって北京にあるいくつかの病院で、医師の診察や治療を受けられるようになっている。診察結果から、劉霞さんの健康問題は主に、精神的なストレス、不安、抑鬱症を抱えていることが原因と考えられ、医師たちは、現在の生活環境が変わらなければ、状態は悪化する可能性があると警告している。

詩人で芸術家でもある劉霞さんは2010年10月8日に、懲役11年の判決を受け、服役中である夫・劉暁波さんのノーベル平和賞受賞が報じられて以来、自宅軟禁状態に置かれている。いまだに厳しい自宅軟禁下に置かれ、訪問者を迎えることが許されていない。最近になって、電話での会話を認められた友人たちによると、彼女の身体的・精神的健康状態には、改善が見られるとのことである。

旧正月を迎える直前の1月、劉霞さんは心臓発作を起こし、緊急治療のため、北京の石景山病院に入院を認められた。医師は精密検査と治療で2週間の入院を提案したが、劉霞さんは自宅に返された。2月8日、劉霞さんは警察の監視の下、再度病院を訪れ、心臓病と診断された。医師たちはさらに治療が必要であると伝えた。家族がすべての必要書類に記入し、入院費の支払いを済ませたにもかかわらず、自宅に帰された。

アピール文を送っていただいたすべての方々にお礼申し上げます。アムネスティはこのケースを注視しつづけます。このケースについて新たな行動の要請はありません

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ