English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ウクライナ: ウクライナ東部でジャーナリストら、釈放される

ウクライナ:
ウクライナ東部でジャーナリストら、釈放される

最新情報:
2014年7月17日 (stop情報)
更新履歴:
2014年7月 8日
国名:
ウクライナ
対象者:
アナスタシア・スタンコ(女性)、イリヤ・ビスコラビーニ(男性)
期限:
2014年8月17日
配信日:
2014年7月17日
UA No:
168/2014

ウクライナのジャーナリストのアナスタシア・スタンコさんとイリヤ・ビスコラビーニさんは7月2日に釈放された。2人は、虐待されていたということである。

ジャーナリストのアナスタシア・スタンコさんとイリヤ・ビスコラビーニさんは6月30日、武装集団に誘拐され、ウクライナ東部の「ルハーンシク人民共和国」という分離独立派グループに拘束されたが、7月2日に釈放された。その前日、同グループのバレリー・ボロトフ代表が、「2人はウクライナ軍のスパイ容疑で起訴された」と発表したにもかかわらずである。ボロトフ代表はこの後、ロシアのテレビ局3社から抗議があったために2人を釈放したと説明した。

ジャーナリストたちは、キエフに戻る際、テレビのインタビューで、目隠しされ地下で拘束されていた、と答えた。

この緊急行動に参加してくださったすべての人びとに心から感謝します。アムネスティは、今後もウクライナ東部の状況の監視を続けますが、緊急行動はひとまず終了します。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ