English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ: イスラエル/OPT:パレスチナの議員が釈放

イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ:
イスラエル/OPT:パレスチナの議員が釈放

最新情報:
2019年3月25日 (stop情報)
更新履歴:
2018年11月 5日 (更新情報)
2018年7月14日 (更新情報)
2018年1月26日 (更新情報)
2017年10月12日 (更新情報)
2017年8月12日
国名:
イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ
対象者:
期限:
2019年4月25日
配信日:
2019年3月25日
UA No:
187/2017

2月28日、パレスチナの議員で著名な政治家であるハリダ・ジャーラルさんが、イスラエル中部のハシャロン刑務所から釈放された。起訴や裁判のないまま20カ月間、行政拘禁されていた。

釈放後、ジャーラルさんは、アムネスティほか支援してくれたすべての人たちに感謝して、次のように語った。「私を含めたパレスチナの囚人と被拘禁者の権利のために立ち上がっていただき、大変感謝しています。勾留中、世界中のアムネスティの支援者が、恣意的な行政拘禁を批判し、私の即時釈放を求めて再び立ち上がることを確信していた。今、私は自由になった。しかし、少なくとも48人のパレスチナ女性の囚人や被拘禁者が獄中にいる。その生活環境はきわめて悲惨だ。アムネスティには、不正に直面するパレスチナの囚人を支援するキャンペーンを続けていってほしい。すべてのパレスチナの囚人らが釈放されるまで、支援と活動必要だ。特に重要なことは、人権のための闘いには終わりがないこと、そしてこの取り組みを続けることが、私たちの務めだということです」。

2017年7月、ジャーラルさんは被占領西岸地区のラマッラーの自宅で逮捕され、イスラエル軍司令官から、6カ月間の行政拘禁命令を出された。それ以降、命令は2017年12月、2018年6月、10月と3回更新された。1つの命令での行政拘禁は、最長で6カ月だが、イスラエルの軍法では更新は何度でもできる。ハリダ・ジャーラルさんは、パレスチナの土地をイスラエルが占領していることやパレスチナ部隊がイスラエル部隊と治安協力していることを厳しく批判してきた。数十年間、その政治的発言や人権活動で当局から嫌がらせや脅迫を受けてきた。1998年以降、海外渡航も禁じられてきた。

本件に関するアクションはこれで終わります。要請文を送付してくださったすべての方に感謝いたします。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ