最新情報:
2021年4月22日 (更新情報)
更新履歴:
2019年3月28日
国名:
サウジアラビア
対象者:
ナシマ・アル・サダ(女性)
期限:
2021年7月30日
配信日:
2021年4月22日
UA No:
021/2019

Nassima al-Sada graphic.png

2021年3月、リヤドの控訴裁判所は女性人権擁護活動家ナシマ・アル・サダさんの一審判決を支持し、実刑5年(一部は執行猶予2年)とその後の出国禁止5年という刑が確定した。ナシマ・アル・サダさんは昨年11月、どの活動が違法なのか指摘ないまま、サイバー犯罪法違反で有罪判決を受け、控訴していた。当局は、有罪判決を再考し、サダさんを無罪にして釈放すべきだ。

アル・サダさんは、市民権と政治的権利、女性の権利向上、男性後見人制度の廃止を求めて活動してきた。2018年7月、ナシマ・アル・サダさんの苦難が始まった。彼女は、法的根拠なく恣意的に逮捕され、起訴も裁判もないまま、拷問にも相当する長期の独居拘禁など、深刻な人権侵害を受けてきた。1年後に、具体的な罪状がないままサイバー犯罪法違反で起訴された。2018年6月に女性の運転禁止が解除されたが、それまでに彼女の行った、女性の運転を解禁するよう求める啓発活動を理由に起訴されたことは、明らかだった。

勇気あるナシマ・アル・サダさんは、社会を変えることに生涯を捧げてきたが、その結果、家族から引き離され、家族と面会もできずに拘禁され、基本的人権を侵害され続けてきた。そもそもサダさんが拘束される理由など何もなかった。神聖なるラマダン(断食月)の時期、サダさんの居場所は子どもたち3人と病気の夫ら家族のそばしかないのだ。

アクションしてください。

英語またはアラビア語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)またはファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • 人権を求める活動で不当に拘束されているアル・サダさんら活動家全員を即時かつ無条件に釈放する。

要請文

His Majesty King Salman bin Abdul Aziz Al Saud
Office of His Majesty the King

Royal Court, Riyadh

Kingdom of Saudi Arabia

Fax: +966 11 403 3125 (please keep trying)
Twitter: @KingSalman

Your Majesty,

In March 2021, the Court of Appeals in Riyadh upheld the sentence of Saudi woman human rights defender Nassima al-Sada, signalling that the verdict is now final and leaving her without any further recourse to justice. The verdict had been issued by the Criminal Court in Riyadh on 25 November 2020 and consisted of a five-year prison term – partially suspended by two years – to be followed by a travel ban of five years. This verdict followed a trial that was marred by serious violations of her due process rights, including prolonged solitary confinement which could amount to torture.

Indeed, Nassima al-Sada’s ordeal started in July 2018, when she was arbitrarily arrested and then detained without charge or trial for almost a year. After a year, she was charged with unspecified crimes based on the cybercrime law, making it clear that she is being prosecuted simply for her peaceful human rights activities, namely advocating for civil and political rights and for the right of women to drive, before the driving ban was lifted in June 2018.

Nassima al-Sada is a brave Saudi woman who has dedicated her life to advocating for peaceful change and is being made to pay with the pain of family separation, isolation, and continuous violations of her rights, for her peaceful activities. She should never have been locked up in the first place – her place is with her family, her three children, her ailing husband, more than ever, during the Holy Month of Ramadan.

I urge you to ensure that Nassima al-Sada is immediately and unconditionally released, and her conviction and sentence are quashed, as she was detained and tried solely for peacefully advocating for equality for women. I also urge you to respect Nassima al-Sada’s right to movement by lifting the travel ban imposed on her for the coming five years.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

英語でUAを読む