English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. スリランカ: スリランカ:パキスタン人難民が強制送還の危機

スリランカ:
スリランカ:パキスタン人難民が強制送還の危機

最新情報:
2019年6月16日
国名:
スリランカ
対象者:
パキスタン難民6人(男女)
期限:
2019年8月16日
配信日:
2019年6月16日
UA No:
080/2019

パキスタン人でカトリック教徒のジョンさん家族5人が、在留期間を過ぎて不法滞在したとして逮捕された。一家は、身に危険を感じたためパキスタンから逃れてスリランカで保護を求めていた。彼らは劣悪な施設に拘束されており、すぐにでも強制送還される可能性もある。宗教的少数者に対する嫌悪感が強いパキスタンへの送還は、大変危険だ。

4月21日にあった教会などでの襲撃事件の後、家族は暴徒化した市民に強制的に住んでいた街を追われた。その後、劣悪な施設に収容され、収容所の方針で子どもたちは、母親から引き離されてきた。

4月21日の連続爆破事件では、ニゴンボの聖セバスチャン教会が標的になり、250人以上が犠牲になった。難民らの話によると、この事件で、平穏な暮らしが崩壊した。4月21日以降、武器を持った若者らが、イスラム教の国からの難民らを探して立ち退かせた。その結果、多くの難民らは、暴徒に自宅を追われ、仮設住宅に収容されたが、いつ襲撃を受けるかもしれず、外出はできなくなった。彼らにとって、スリランカにはもはや安全な場所はなくなった。

パキスタンでは、マイノリティを守る措置が整っていない。特にイスラム教を侮辱すると死刑になる冒涜法に問題がある。この法律は、適用範囲が広すぎ、侮辱の定義があいまいだ。宗教的少数者への攻撃や個人の復讐に利用されやすく、自警団による襲撃の大義にもなる。証拠がなくても有罪になるし、容疑を否定するのは容易ではない。容疑者の裁きを求める市民は、警察、証人、検事、弁護士あるいは判事に圧力をかける。

アシア・ビビさんの裁判は、その一例だ。キリスト教徒のビビさんは、でっちあげの冒涜罪に問われ8年間、死刑囚監房に置かれた。2010年11月にアシア・ビビさんに死刑が宣告された後、2人の政治家がこれを問題視し、当時のザルダリ大統領に恩赦を求めた。しかし、その政治家の1人、当時パンジャブ州知事だったタシールさんは、自分のボディガードに殺された。暗殺の2カ月後には、唯一のキリスト教徒の閣僚だったシャバス・バッティさんが、射殺された。キリスト教徒を擁護することがいかに危険であるかがわかる。

しかし、ビビさんの場合には、裁判所に正義があった。ビビさんの再審請求が認められてから3年後の2018年10月、最高裁は、証拠不十分を理由にすべての罪状を破棄した。しかし、この判決後、主要都市で激しい抗議の声が上がり、ビビさんは出国禁止となり、最高裁は、彼女の無罪判決を覆そうとする見直し請求の審問を開くことになった。彼女がようやく出国できたのは、無罪判決から6か月後であった。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)またはメールのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • スリランカは、家族を危険が待つパキスタンに送還してはならない。
  • 安全なところに移し、食料や薬などが入手できるようにする。
  • 送還されるとどんな危険にあうのか、情報を収集する必要がある。
  • 何びとも、深刻な人権侵害を受ける可能性のある国に強制的に返されるべきではない。

要請例文

Minister Tilak Marapana
Sir, Baron Jayatilaka Mawatha,
Colombo 00100
Sri Lanka
Emails: publicity@formin.gov.lk, cypher@mfa.gov.lk, sfa@mfa.gov.lk

Dear Minister Tilak Marapana,

I am writing to urge you to stop the deportation of a Pakistani Christian family from Sri Lanka, who have been arrested and are being kept at the refugee centre in Mirihana for overstaying their visas. Naseem John, Nida John, Nobil Zain, Sylvester John, Hina Milword and Keshwan Milword fled serious threats to their lives in Pakistan and were forced to seek sanctuary in Sri Lanka.

In addition to the trauma faced in their home country, the family had to endure the trauma of being displaced by violent mobs following the Easter Sunday attacks from their home in Dalupotha. They are currently being kept in terrible conditions, where the youngest member of the family has been separated from his mother because of the segregation in camps.

The John family should not be deported to Pakistan where more harm awaits them. I ask you to ensure that they have a safe place to stay with access to food and medicine.

There must be a fair process before a deportation, to properly evaluate the threat that these families might be exposed to upon return. No one should be forcibly returned to a country where they are at risk of serious human rights violations.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ