English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ミャンマー(ビルマ): ミャンマー(ビルマ):保釈否定で映像作家の病状懸念

ミャンマー(ビルマ):
ミャンマー(ビルマ):保釈否定で映像作家の病状懸念

最新情報:
2019年7月31日 (更新情報)
更新履歴:
2019年6月17日
国名:
ミャンマー(ビルマ)
対象者:
ミンティンココジー(男性)
期限:
2019年9月14日
配信日:
2019年7月31日
UA No:
081/2019

「公共に悪影響を及ぼす発言」などの容疑で起訴されている映像作家のミンティンココジーさんは、専門医の継続的治療が必要であるにも関わらず、保釈が認めらなかった。病状の悪化が心配される。有罪判決を受けた場合、4年の刑を言い渡される可能性がある。当局は、即時、無条件に釈放するべきだ。

容疑の引き金になったのは、フェイスブックで憲法批判や政治に介入する国軍批判をしたことだが、あくまで表現の自由の権利を行使したにすぎない。

その上、今年の初めに肝臓がんの手術を受けたため、刑務所内では受けられない専門医による治療を継続的に必要としている。にもかかわらず、保釈が認められなかった。刑務所内では、病状の悪化が懸念されるだけだ。国には、健康に対する権利を保障する義務があり、人権に関する国際基準によれば、専門的な治療や手術が必要な受刑者は、それらが可能な施設や民間の病院に移送されなければならない。

今回の問題に限らず、ミャンマーでは、政権に批判的な人物の逮捕や収監が急激に増えている。こうした逮捕が可能なのは、平和的な活動をする人権活動家の逮捕、収監、起訴を認める法律があるからだ。こうした法律は、表現の自由の権利を保障する国際人権法に反しており、改正されるべきだ。

アクションしてください。

英語またはビルマ語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)、メールまたはファックスのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • ミンティンココジーさんを即時・無条件に釈放し、すべての容疑を取り下げる。
  • 釈放されるまで、ミンティンココジーさんが必要な医療措置を受けられるように、人道的な観点から保釈を認める。
  • 表現の自由を抑圧するすべての法律を見直し、廃止または改正し、国際人権法と基準に沿った内容に改正する。

要請例文

Union Attorney General, U Tun Tun Oo
Union Attorney General Office No. 25
Nay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
Fax: + 95 67 404106
Email: ago.h.o@mptmail.net.mm

Dear Attorney General U Tun Tun Oo,

I am writing to express my concern about the charges against filmmaker Min Htin Ko Ko Gyi, his health concerns in detention, and an increase in politically-motivated charges stifling freedom of expression in Myanmar.

It is worrying to learn that Min Htin Ko Ko Gyi has been formally charged for Facebook posts critical of the 2008 military-drafted Constitution and the military’s role in politics. On 18 July, the Insein Township Court formally charged him under Section 505(a) of Myanmar’s Penal Code, which provides up to two years in prison for anyone who makes “statements conducing to public mischief.” He has also been accused of “online defamation” under Section 66(d) of the 2013 Telecommunications Act, a complaint which remains pending. Detained in Yangon’s Insein prison since his arrest on 12 April 2019, he is, in the view of Amnesty International, a prisoner of conscience, held solely for peacefully exercising his right to freedom of expression.

I am particularly concerned about Min Htin Ko Ko Gyi’s health in detention. He has liver cancer and underwent a major operation earlier this year. I appreciate that he was recently allowed to leave the prison for a post-operation medical check-up at a government hospital; however, he requires regular check-ups and medication which are not provided nor are they available at the prison. Without regular monitoring and access to the medication he needs, his health may deteriorate further. As a state party to the International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights, Myanmar has the obligation to uphold his right to health.

Finally, I want to express my alarm regarding the recent surge in politically-motivated arrests and detentions in Myanmar, carried out via a range of laws that allow peaceful political activists and human rights defenders to be arrested, detained, and prosecuted. These laws contradict international human rights law and standards and are detrimental to freedom of expression in Myanmar.

I am therefore writing to urge you to:

  • Immediately and unconditionally release Min Htin Ko Ko Gyi and drop all charges against him;
  • Pending his unconditional release, ensure that he has full and regular access to the specialized medical treatment he requires by granting Min Htin Ko Ko Gyi bail on humanitarian grounds or allowing him to be transferred to a specialized institution or civil hospital;
  • Repeal or amend laws that restrict the right to freedom of expression, including Section 505(a) of the Penal Code and 66(d) of the 2013 Telecommunications Act, to bring them into line with international human rights laws and standards.

Your sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ