English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. キプロス: キプロス:家族との団欒を認めて!

キプロス:
キプロス:家族との団欒を認めて!

最新情報:
2019年7月 3日
国名:
キプロス
対象者:
アハメド・H(男性)
期限:
2019年8月 9日
配信日:
2019年7月 3日
UA No:
088/2019

アハメド・Hさん(仮名)は、キプロスに残してきた妻と2人の娘とほぼ4年間会うことができていない。2015年9月に、ハンガリーで拘束され、理不尽にもテロ共謀罪で有罪を宣告された。ハンガリー政府による反テロ法の露骨な濫用であることはあきらかだ。今年1月に条件付きで釈放されたが、難民キャンプから出ることは認められていない。シリア国籍であるため、シリアに強制送還されるおそれがある。キプロス政府は、受け入れを拒んでいる。

アハメドさんは、2015年8月に自宅があり長く暮らしてきたキプロスを旅立ち、紛争下のシリアから両親と親族を連れ出し、ヨーロッパの安全な地を目指した。1カ月を超える長い移動を経て、セルビアからハンガリーに入ろうとしたときに、ハンガリーが封鎖する国境で立ち往生した。数百人の難民がいた。国境を越えようとする一部の難民と警察との間に衝突が起きたが、アハメドさんは、持っていたメガホンで双方に冷静な対応を呼びかけた。11人が拘束されたが、その中の1人、アハメドさんのみが、メガホンで暴力行為を煽ったとして「テロ共謀」容疑で起訴された。昨年9月、結審にあたり裁判官は、非暴力の呼びかけを認めたし、ニュース映像もアハメドさんが呼びかける姿を捉えていたにも関わらず、有罪になった。難民とテロの脅威を強引に結びつけたいハンガリー政府の意向が働いたかたちだ。

今年1月に条件付きで釈放され、難民キャンプに拘束されている。シリアへの送還は、身の危険がある国への送還を禁止するノン・ルフールマンの原則に違反する。一方、キプロスは、アハメドさんの受け入れを認めていない。

アクションしてください。

英語で以下の当局への要請事項を盛り込んだ下の要請文を航空書簡(全世界90円)またはメールのいずれかで、できるだけ早く送ってください。ご自身で要請文を作成されても結構です。

  • アハメドさんが帰国できるよう速やかに対応し、家族との暮しにもどれるようにする。

要請例文

Minister Constantinos Petrides
Ministry of Interior
PO Box 25196
1307 Nicosia
Cyprus
Email: dktorides@moi.gov.cy

Dear Minister,

I am writing regarding Ahmed H., a Syrian national and former long-term resident of Cyprus who is currently being held in immigration detention in Hungary. Ahmed H.’s wife and his two young daughters are Cypriot nationals.

In August 2015, Ahmed H. left his family home in Cyprus to help his elderly parents and six other family members flee the conflict in Syria and find safety in Europe. One month later, they found themselves among hundreds of refugees stranded at the Hungarian border after police fenced off the crossing with Serbia. Clashes broke out as some refugees attempted to get through. Ahmed H. was one of eleven people arrested, but the only one charged with a terrorism-related offence under Hungary’s vague and overly broad terrorism law. He was eventually found guilty of “complicity in an act of terrorism”.

Nothing Ahmed H. allegedly did during the disturbance at the border could reasonably be considered “complicity in an act of terrorism”. The Hungarian authorities misapplied Hungary’s draconian counter-terrorism laws to Ahmed H. in an attempt to label refugees and migrants as “terrorists”. Both the European Parliament and the US State Department expressed concern about the misuse of terrorism-related charges by Hungary in Ahmed H.’s case.

Ahmed H. has been separated from his wife and young daughters for almost four years. He was conditionally released from prison on 19 January 2019 and is currently held in immigration detention in Hungary, where he is potentially at risk of return to Syria.

I call on you to take all necessary measures to allow Ahmed H. to return to Cyprus promptly and be finally reunited with his family.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ